読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

東金事件に証拠捏造の疑いきわめて濃厚其の1


スポンサーリンク

足利事件では菅家利和さんがえん罪で17年半も拘束され続けたが、また警察・検察によるデッチ上げの疑いが強い事件が発覚した。2008年9月、千葉県東金市の路上で5歳の女児が死体で発見、近くに住む知的障害者の男性・勝木諒氏が殺人犯として逮捕・起訴された事件で、勝木氏は現在まで2年以上にわたって囚われの身。だが、筆者が弁護人の話を聞き、実際に女児と同じ重さの人形を抱えてみた限り、検察の描くストーリーには明らかに無理があることが分かった。どうやら「知的障害者を犯人視した警察・検察と、そのリークに踊らされたマスコミ」という、えん罪の構図が濃厚なのだ。

弁護人によれば、物証とされる指紋・掌紋は「不一致」で、「犯行経緯」も勝木氏の体力などからみて不自然、東金署が請求し八日市場簡裁が発行した逮捕状すら、その手続に不審点が浮かんでいるという。警察・検察、そしてマスコミの手によってある日犯罪者にされてしまう、戦前を彷彿させる恐怖の構図が浮かぶ。
◇ 「彼は無罪、犯人じゃない」
 「きょう第8回目の公判前整理手続が千葉地裁でありました。無罪であるという主張と証拠をきょうですべて出しました。弁1号証から34号証までです…責任能力とかそんなのは主張しませんから。犯人性がない、とういことが基本ですから」
 
 1月25日夕方、都内の事務所で報道関係者を前に勝木諒氏の弁護人・副島洋明弁護士は穏やかな表情で切りだした。


成田幸満ちゃんの遺体が発見された資材置き場= 千葉県東金市=(上)と、「指紋一致」により近く勝木氏を逮捕するという警察の方針を報じる2008年12月6日付朝日新聞夕刊。勝木氏が幸満ちゃんを抱きかかえたまま300メートル以上運び、片手で抱えて殺害したとする検察に対し、弁護側は検証結果から不可能だと主張する。
 

 新聞によれば、千葉県東金市の住宅街で、5歳の少女・成田幸満ちゃんが死亡した状態で路上に置かれているのを通行人が発見したのは2008年9月21日の昼すぎ。衣服はつけておらず、遺体発見からまもなくして、100メートルほど離れた駐車場でレジ袋に入った衣服が見つかった。

 これから2ヶ月半がたった12月6日、千葉県警東金署(藤野邦義署長=当時)は、発見現場近くで暮らす無職で知的障害者の勝木氏を死体遺棄容疑で逮捕、さらに殺人容疑でも再逮捕する。幸満ちゃんを拉致して自宅で殺害、その遺体を捨てたという疑いだ。

 千葉地検は昨年4月17日、未成年略取・殺人・死体遺棄罪で勝木氏を千葉地裁に起訴する。起訴状の内容は、新聞によればおよそ次のとおりだ。

 〈勝木被告は昨年2008年9月21日昼ごろ、千葉県東金市の自宅マンション近くの路上で成田幸満ちゃん(当時5歳)を連れ去り自室の風呂の水に沈めて殺害、服を脱がせて裸にした遺体を約100メートル離れた資材置き場付近の路上に遺棄した〉

 勝木氏が殺人犯だ、と検察は裁こうとした。そこへ副島弁護士をはじめとする弁護団が、無罪である、つまり濡れ衣であると真っ向から立ちはだかったわけだ。

 勝木氏が犯人である、とする千葉県警千葉地検の見方に立った報道はすでにおびただしく流されているので、あえて筆者が報じるまでもない。本稿ではもっぱら「無罪」を主張する弁護側の言い分を取り上げて紹介する。これは「犯人視報道」の量に比べると圧倒的に少ない。