二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

小林よしのり講演中止事件


スポンサーリンク

安倍壷三首相が明治の内閣制度誕生以来最悪の首相であることがこれで100%確定した



自民党が、自由と民主主義の政党だって!?
 
小林よしのりを呼ぶな!」
と、自民党幹部が若手議員に圧力をかけ、
勉強会を中止させた、
言論封殺事件の余波は、
まだまだ広がり続けている模様です。

本日のTBSラジオ
荒川強啓デイキャッチ!」では、
16時過ぎからよしりん先生が
電話インタビューを受ける予定です!

小林よしのり招致を潰した同日、
安倍シンパの若手議員は
百田尚樹を招いて勉強会を開催。

そこで百田は
「沖縄の2つの新聞は潰さないといけない」
と、言論弾圧発言。

さらに百田は、
「もともと普天間基地は田んぼの中にあった。
そこを選んで住んだのは誰やねん」
「沖縄は本当に被害者やったのか。そうじゃない」
などと、沖縄の歴史に全く無理解な
暴言を吐きまくったようです。

小林よしのりを呼ぶのを潰して、
百田尚樹を呼ぶというところに、
安倍自民党の劣化しきった現状が
如実に表れているのです!!

さらにこの会合では、
「マスコミをこらしめるためには
広告料収入がなくなるのが一番」
不買運動するのを働きかけて欲しい」
などといった、言論統制を求める意見が
続出した模様です。

これが報道されて問題になってから、
石破茂谷垣禎一らが白々しく
懸念の声を挙げ始め、
安倍晋三遺憾の意を表明しています。

安倍は卑怯にも、勉強会は
「党の正式会合ではない。有志の会合だ」
と逃げを打っていますが、
この勉強会は安倍に近い議員の会合であり、
安倍側近の加藤勝信官房副長官
萩生田光一・党総裁特別補佐も参加しています。

これを安倍は自分と無関係と
言い張る気でしょうか?

安倍は
自民党は自由と民主主義を大切にする政党だ」
とも釈明していますが、
もうそんなこと、誰も信じてませんよ。

もし本当に自民党が自由と民主主義を
大切にする正当なら、
小林よしのりを呼んでみなさい!



言論封殺しかない弱い安倍政権

宏池会」の議員が立ち上げた「過去を学び『分厚い保守政治』
を目指す若手議員の会」は、わしを招いて勉強会を開く予定
だったが、中止に追い込まれた。

わしには「国会が空転してるため」と説明していたが、
実は党幹部が「安全保障関連法案への審議に影響がある」として
中止を求めたらしい。
別の党幹部は「小林氏を呼べば、政権批判をされ、憲法学者
法案を違憲だと指摘した二の舞になる」とも言ったという。

おかしいのはこの「分厚いはずの保守派」は、次回の御厨貴を呼ぶ
勉強会はそのまま開くことを決めたという。
なるほど、小林よしのりは危険で、御厨貴は安全というわけか。
御厨貴もなめられてるな。

いかに自民党執行部が小林よしのりを恐れているか、
これはその証明である!
当たり前だ。安倍政権自民党の中で、小林よしのりと論戦して
勝てる者がいるわけがない。
負けるとわかっているから、改憲派のわしを呼べないのである。

わし個人に負けるどころか、「宏池会」若手の勉強会にわしが
出席したら、マスコミ関係者がどっと集まって、内容を報道する
可能性がある。
すると安保法制に疑問を持つ、もっとリベラルな保守勢力が勢い
をつけて、安倍独裁体制が揺らぐ危険性もある。
それほどまでに小林よしのりは危険な存在なのだ。

自分たちが単なる「従米属国保守」でしかなく、小林よしのり
こそが「国家の主権を取り戻し、自主独立を目指す」本物の
保守だということを、自民党執行部は分かっているという
ことだろう。

安倍政権の閣僚の中にも、自民党議員に中にも、わしの知人は
実はたくさんいる。
彼らはわしに正面から目を合わせることは出来ない。
「小林さん、こういうことなので、分かってください」と説明
することも出来ない。哀れな政治屋だ。

言論統制を図る権力は実は自らの論理に自信を持たぬ弱い連中
である。
だが弱さゆえに言論封殺しか頼る手段がなくなるから危ないのだ。
「自由民権」が危機に瀕している。
中国共産党も、安倍政権も、弱いゆえに言論封殺しか手段がなく、
タカ派の言動を繰り返す。
弱い権力と、弱い権力が、警戒し合って、国内の「自由民権」が
消滅していくのである。


異論封じ・全体主義に走る安倍政権の焦り!

今朝、Yahoo!ニュースの
国内トップに
「自民、小林よしのり氏招く勉強会中止
 党内の異論封じか」
の記事が来ていて、驚きました。
記事はこちら!

記事は朝日新聞デジタルの転載で、
よしりん先生も取材を受けています。
朝日新聞デジタルには、
詳しいよしりん先生の談話も
掲載されています。
小林よしのり氏「ああ、負けたんだなと」 勉強会中止

朝日新聞紙面版では、
第4面に更に詳細な記事が
掲載されており、
よしりん先生の指摘通り、
自民党が異論を許さない
全体主義体制に向かっていることが
はっきりわかります。

憲法違反の安保法制に
反対の声が圧倒的で、
党内からも異論が出てきたことに対する
小心独裁者・安倍晋三の焦りが
あらわになってきました。

よしりん先生を呼ぶはずだった
勉強会を中止させた同日に行われた、
安倍シンパ議員の勉強会では、
「マスコミを懲らしめるには広告料収入が
なくなるのが一番。
経団連に働きかけて欲しい」
などという意見が平然と出されたそうです!
経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」 自民勉強会

もはや安倍政権は、
日本近代史上最も危険な政権
と断言していい
段階に入っています!!