読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

犯罪加害者家族を救え


スポンサーリンク

今夜のNHKクローズアップ現代『犯罪加害者・家族たちの告白』を見ました。

社会的民意の昂揚を背景として、犯罪被害者家族への支援が法的に整備されてきています。
翻って、犯罪加害者側の家族が否応無く置かれる立場は、どのような状況下に在るのでしょうか。

今夜の番組を見るに於いて、非常に考えさせられました。
加害者家族への支援もまた早急に検討・整備される必要を痛感させられたのでした。


犯罪者は、何らかの措置を受けて然るべきではありましょう。
ですが、その家族に対する社会的仕打ちには、悲しまざるを得ません。

遠慮会釈も無い報道陣の追及には、眉を顰めるものがありますが、そのことは警察も能く判っているのでしょう。
逮捕時には、前以って家族を退避させたりしているようでした。

報道陣より更に厳しく対処するのが世間なのでした。
狭義には地域の人々を、広義には日本国民万般と謂うことです。

加害者に対する怒りの矛先が、その家族にまで向けられる不条理・・・。
日本社会の未成熟を思わないわけにはいきません。

世間から指弾され、排除され、仕事も辞めさせられ、孤立し、家庭も崩壊。
事件を知る人から少しでも遠ざかる為、住所を替え、身を潜めてひっそりと生活する。
被害者に対する責任を感じ、自殺する場合も。

殊に酷いのは、インターネット上の書き込みや嫌がらせでしょうか。
殺してやる、死ねなど、目を覆いたくなるほどの罵倒を、此れでもかと書き連ね、囃したて、踊る人々。

ビッグローブのトップページ気持ち玉への書き込みを見ても、人間性を疑わしめる書き込みの、
なんと多いことよ。
況や重大犯罪に於いてをや。

日本社会の未成熟を、つくづく知らされます。

最近、アムネスティ・インターナショナル日本、岡山支部への復帰を考えるようになりました。