読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

知的財産を巡って実績の有無を争った実例


スポンサーリンク

会社側や監督が「ゴーストライターを使った、そのような事実は無い。事実とは異なる」などと否認した場合に、
ゴースト側が反撃する上で参考になる。

今回は特許とノーベル賞の話だがな


ノーベル賞中村修二氏についての嘘と誤解

2014年10月7日、青色LED開発などで知られる中村修二氏がノーベル物理学賞を受賞しました。中村修二氏は以前から青色LED開発当時在籍していた日亜化学工業と開発に対する報酬で争っており、今回の受賞にあたり報道も「技術者は企業の奴隷じゃない。イチロー並みの給料を要求して何が悪い」との言葉を掲載しています。

200億円の権利訴訟を起こし、技術者の正当な報酬の権利を主張した中村氏を不遇の英雄扱いしてきたマスコミですが逆に日亜化学工業側の主張については中村氏の主張に比べ積極的に報道していないように思えます。
果たして中村氏の主張は100%正しいのでしょうか?
青色LED開発の報酬が2万円というのは真実か
青色LEDの開発により会社は80もの特許を取得し、莫大な利益をあげました。しかし、社員として中村教授が受け取った報奨金はわずか「2万円」でした。


「報奨金」としての2万円という額は日亜化学工業側も否定していないようなので事実として、「報奨金」以外の形式での報酬が一切無かったかのように報じるのは事実ではないようです。
この貢献に対し,当社は中村氏にボーナスや昇給という形で報いてきたつもりです。1989年から11年間の合計で,同世代の一般社員よりも6195万円ほど上乗せして支給しました。45歳で中村氏が退職する際の給与所得は2000万円弱。


日亜化学工業は中村氏の給与を増やしており年間約563万円同世代の他社員より多く支払っています。この額が多いか少ないかの妥当性は置いておくとして開発に対する対価が全額で「2万円」であるかのように書くのは意図的な事実の隠蔽と言えるでしょう。もはやこれは「嘘」と言っても良いほどで、日亜化学工業側のイメージ悪化を強力に手助けしています。
この元従業員は退職する直前には、主幹研究員という、当社では部長待遇の研究員でした。40代半ばでしたが、給与は当社の役員の平均を上回る額を貰っていました。
また、退職した年には、国内外を含め、年の半分近くは学会等への出席のために出張しておりましたが、会社はよほどのことが無い限り当人の申請どおり許可しておりましたし、それらの費用は全て会社で負担しておりました。


給料の上乗せだけでなく役職も部長待遇。さらに会社に利が有ると判断の上とはいえ年の半分程度実際の研究以外の出張を許可し費用も全額会社負担しており直接的な金銭の受け渡し以外の形で中村氏を優遇しています。
この元従業員は退職したときには開発部主幹研究員(部長待遇の、研究者としての最高職)にありました。またその年の9月からはそれに加えて窒化物半導体研究所所長という役職を与えました。この研究所は最初は部下等はおりませんでしたが、窒化物半導体に関する研究テーマを彼に自由に選んでもらい、それに必要な予算と設備・人員を与えるというものでした。
ですから退職するまで彼は開発部の研究員の頂点にいましたし、窒化物半導体という枠の中ですが、好きなテーマの研究をしてもらう用意を会社はしておりました。

また、研究環境としても会社の命ずるテーマで研究するであろう「主幹研究員」と自分でテーマを選んで自由に研究できる「窒化物半導体研究所所長」という2つのポジションを与えており自由度も高かったと思われます。この待遇をして「奴隷」と呼称するのは如何なものでしょうか?
世界初の青色LED開発は中村氏ではない
日亜化学工業では,1989年から青色LEDの開発をスタートさせました。そのとき先行していた,当時名古屋大学教授だった赤崎勇氏などの論文を検証する実験から始めました。
~中略~
つまり当社は,先行する「公知の技術」を学習して,これを基点に開発をスタートさせることにしました。


よく誤解されている事ですが最初に青色LEDを開発したのは今回中村氏と同時に受賞した赤崎勇氏・天野浩氏の方が先です。当然ながら中村氏の特許技術が青色LEDを製造するための唯一無二の技術ではないようです。
また、中村氏の特許(通称:404特許)はGaN(窒化ガリウム)の結晶を作る技術ですがGaNを使って青色LEDを製造するというアイデア自体も中村氏が思い付いたものではありません。この点が日亜化学工業が中村氏の貢献度を低く見積もる原因のようですがこの点もまた中村氏の主張に比べあまり報道されていないように思われます。
404特許の青色LEDに対する貢献度はどれくらいなのか
先ほども言いましたが,ツーフローMOCVD装置はあくまでもサファイアの上にGaNの結晶膜を作るためのものであって,これだけでは青色LEDにはなりません。ほかに必要な技術がたくさんあるにもかかわらず,なぜ中村氏の貢献度(配分率)だけがあれほど高く評価されるのかが理解できません。



ノーベル賞を受賞した中村修二さんと日亜化学、いったいどちらの言い分が正しいのか?元日亜社員のつぶやき。
Posted on 2014年10月8日
先日、青色発光ダイオードの発明を讃え、赤崎、天野、中村の三博士にノーベル物理学賞が贈られました。言うまでもなく非常に素晴らしい快挙で、本当に祝福すべきであると思います。
一方で、今回の裏の側面としてマスコミに再びとりあげられているのが中村さんと日亜化学工業株式会社の訴訟問題です。今日はこの話をしたいと思います。

中村さんは徳島県に拠点を置く日亜化学の研究員として今回の受賞につながる成果を挙げました。10年以上前の話です。その結果、中村さんは学会のスターダムを駆け上った一方で、日亜化学青色LEDを始めとする様々な応用製品を世に送り出したちまち光業界で世界有数の企業へと成長しました。
しかしその後、紆余曲折を経て中村さんと日亜の関係は悪化。氏は日亜を退職し、「怒りを感じる」という言葉とともに、発明の対価として200億円※を求めた裁判を起こしました。怒りというワードは彼の著書「怒りのブレークスルー」の題名にも出てくるほどで、相当怒っていたようです。結局、数年の法廷闘争の後に約6億円の賠償金を日亜が中村さんに支払うことで決着します。

※当初、あやまって600億円と表記していました。お詫び申し上げるとともに訂正させていただきます(2014/10/9/19:11)

その裁判の中で中村さんは、青色LEDの発明はすべて私がやった、発明の対価として2万円しかもらっていない、日本の研究者は奴隷のようなもの、という趣旨の主張をしています。その結果、中村さんは孤高の義士で、日亜化学は労働者から搾取するだけの悪の企業、というステレオタイプなイメージが流布しました。

はたしてそれは本当なのでしょうか?

私はやはり、中村さん=正義、日亜=悪というレッテル貼りは行き過ぎという気がします。実はわたしは大学を出て2年ほど日亜化学の研究所に務めた経験があり、日亜の職場環境については実際に経験をしました(今は、別の会社に務めています)。また、私が入社したのは中村さんがご退職されたあとなので直接の面識はありませんが、彼の元同僚を通して話を聞くなどして間接的に事情を聞きました。実際にすべてを直に見たわけではないので断言はできませんが、勧善懲悪な図式というのはやはり無理があって、真実はもう少し中庸であるように思います。

日亜化学に在籍する元同僚による中村さんの評判は様々です。奇人、変人、ケチといったネガティブな表現は聞かれますが、それは口さがない徳島県民ゆえ(※徳島は海を隔てた堺に近く、文化的には大坂商人のようなところがある)。本気で彼を嫌っているような人はあまりいないように思います。
むしろ、実験哲学には光るものがある、エンジニアとしての生き様は尊敬しているなど、彼の技術面については多くの人が認めているようでした。
彼らにとって中村さんは一緒に働いた同僚であり、友人であり、上司であり師匠でもあるという、どちらかというと身近な存在のようです。

ただし、仕事の成果となると話は別です。中村さんの「すべて自分でやった」という趣旨の主張には多くの人が反論します。実際に青色LEDを実現するには無数の致命的な課題があったのですが、その解決策を提案し実現したのは中村さんの周りにいる若いエンジニア達でした。彼らが「こんなアイディアを試してみたい」というと、中村さんはきまって「そんなもん無理に決まっとる、アホか!」とケチョンケチョンに言い返したそうです。それでも実際にやってみると著しい効果があった。そういう結果を中村さんがデータだけ取って逐一論文にし、特許にし、すべて自分の成果にしてしまったんだ、と。これらの進歩はまだ青色LEDが実現する前の話で、プロジェクト自体がうまくいくかなんて全くわからないフェーズでの出来事です。そんな中、みんな必死になって策を練り、頭をフル回転させて一つ一つ突破口を開いていった。そういう状況があるのに、全て自分がやったという主張は受け入れられない、という気持ちの人が多いようです。

もっとも、彼らも中村さんの成果を否定しているわけではありませんでした。中村修二なくして青色LEDなし、赤崎先生のグループ以外で誰よりも先駆けて良質な結晶を作れることを証明した実績は否定のしようがありません。また、その後の研究グループを率いたのも彼でした。中村さんは学会などで忙しく研究現場は不在にしがちだったため現場の人間が勝手に動いていた側面があるようですが、それでもチームのメンバーは良い成果があると「これは中村さんに報告しないと!」と喜びを分ち合おうとした、という話をきいたことがあります。変わり者で困った上司だけど、やっぱり大切な隣人であるという風には捉えられていたようです。

このように、裁判での主張を巡って中村さんと元同僚とあいだで多少の軋轢はあるようですが、そんなに関係が劣悪なようには見えません。でも、中村さんは日亜に対しては「怒り」を感じていると言っています。一体、彼は誰に怒っているのでしょうか?

ここからは私の推測も多く混じっていますが、彼が怒っているのは元同僚ではなく、日亜の経営陣に対してでしょう。

そもそも中村さんに青色LEDの研究を許可し、億単位の研究費を提供したのは先代の会長(故人)でした。当時の日亜は従業員200人程度の中小企業ですから、安い出費ではなかったはずです。ましてや誰も成功するとは思っていなかった青色LEDの開発でしたから、先代は、もうお金は返ってこないかもしれない、けどわずかな可能性に賭けてみよう・・・というつもりだったでしょう。そういう事情ですから、中村さんも先代には感謝しているのではないでしょうか。
しかし、青色LEDが軌道に乗り始めたときには先代は引退し、別の人が経営についていました。新しい経営陣はLEDを事業化するのに全力を傾けます。その結果、中村さんに対しては販売戦略会議に出て意見を言ってくれ、いついつまでに商品化を成功させてくれ、などと研究とは無関係な業務を依頼するようになりました。商品化チームというのは常識人の集まりですから、きっと中村さんの浮世離れした行動は呆れたものに見えたに違いありません。勢い、バカにしたような態度も取ってしまった可能性があるかと思います。
しかし、これが根っからの自由人、反骨精神の塊である中村さんに受け入れられるわけがなかったのです。私が歯を食いしばって立ち上げたLED研究なのに、少しうまく行ったらあとから乗っかかった連中が食い物にしようとしている、許せない・・・・と思ったとしても不思議ではありません。

そんなこんなで現経営陣と中村さんの軋轢は頂点に達し、退職、訴訟へと発展した・・・・というのがことのあらましかと私は思っています。

訴訟の中で、発明の報酬は2万円しかもらえなかった、という中村さんの主張があります。これはある意味本当で、嘘とも言える主張でしょう。日亜に限らず企業には発明報酬と言って特許出願時にその発明の良し悪しにかかわらず1?5万円程度の定額の報奨を支払う制度があり、「2万円」はそのことを言っているのです。しかし、その後の特許の活用度を見て発明人の給料を上げたり、事業化の後に利益の一部を支払うなどして発明の対価を支払うのが一般的です。実際に日亜は給料を上げました。中村さんの年収は大きな企業の役員に匹敵しうるレベルだったという噂も聞きます。また、仕事も多少の制約はあったにせよ大きな裁量を与えており、中村さんは学会発表のために会社を離れて世界を飛び回り、論文を多数書いて多くの対外的な成果をこの時期に積み上げています。まさしく自由そのもので、日本の研究者は奴隷のようという中村さんの主張は、日本のサラリーマンには受け入れがたいのではないか、と思います。海外の大学に在籍する研究者に比べると制約が多いなどいろいろあるのかもしれませんが、少なくとも日本の企業として後ろ指を差されるレベルの待遇ではなかったのではないでしょうか。



ノーベル物理学賞中村修二教授を「日本人」にしておかないとマズい政府と報道と日亜化学工業黒歴史

ノーベル物理学賞中村修二教授を「日本人」と書いている報道はアウト・誤報という指摘があります。

                                                    • -

ノーベル物理学賞中村修二教授は「日本人」か「アメリカ人」か――ネットで大騒動に
http://bit.ly/1qblbbS
弁護士ドットコムニュース 2014年10月07日

一部略

しかし、ニューヨークタイムズを始めとするアメリカのメディアは、ノーベル物理学賞の受賞者を伝える記事で、中村教授について「アメリカ人」と紹介している。ニューヨークタイムズの記事の見出しは「2人の日本人と、1人のアメリカ人がノーベル物理学賞を分け合った(2 Japanese and 1 American Share Nobel Prize in Physics)」となっていた。


●アメリカ市民権を取得すると「日本国籍」を失う?

アメリカ合衆国日本国大使館のサイトによると、「日本国籍を持つ米永住権(グリーンカード)保持者が、自らの意志で米市民権(U.S. CITIZENSHIP)を取得(帰化)した場合は、帰化の時点で日本国籍を喪失します」と説明している。つまり、中村教授が「米国の市民権」を取得しているのなら、日本国籍を喪失しているということになりそうだ。


日本の国籍法は、原則として二重国籍を認めていないため、外国の国籍を取得すれば、日本の国籍を喪失することになる。はたして、中村教授の場合はどうなのか。


中村教授の所属するカリフォルニアサンタバーバラ校に電話をかけてみた。窓口として応対したアンドレア・エストラーダさんによると、「中村教授は、アメリカ市民(U.S. CITIZEN)です」という。しかし、中村教授の国籍がどうなったかについては「わかりません」ということだった。


※10月8日午前1時15分追記

その後、日経新聞毎日新聞が、中村教授を米国籍として報じた。

                                                    • -


中村修二氏は個人の発明に対する成功報酬を認めようとしない日本の企業に苦言を述べています。

                                                    • -

ノーベル賞受賞の中村さん「ジャパニーズドリームは存在しない」
http://bit.ly/1rhMFgl
Record China 配信日時:2014年10月8日

中村さんは日本の研究環境について、「米国では研究者に多くの自由とチャンスが与えられているが、日本は性別や年齢などの差別により制限されている。ジャパニーズドリームは存在しない」と批判した。また、「日本にはベンチャーを育てるシステムがほとんどなく、研究者は企業のサラリーマンでしかない。研究を続けてこられたのは『怒り』があったからだ」と語った。

                                                    • -


個人の発明に対する成功報酬を認めなかった日亜化学工業の知られたくない黒歴史はこれです。


ノーベル賞受賞の報道後に慌ててWikiで消したつもりでも、履歴は消えない。

                                                    • -

日亜化学工業」の版間の差分
http://bit.ly/1tCvat3
2014年10月7日 (火) 14:41時点における版

ノーベル物理学賞受賞の中村修二UCSB教授に報奨金2万円

2014年度ノーベル物理学賞を受賞した中村修二カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授は、日亜化学工業の元社員である。会社に所属する研究員の発明の対価として、日亜化学工業は特許対価を拒否した。また、報奨金はたった2万円しか中村教授に払わなかったという。また、青色発光ダイオードの発明は、日亜化学工業の先代社長を後押しがあったが、現在の娘婿の小川英治社長は中村修二氏を徹底的に干し、冷遇し、会社から追い出したという。

                                                    • -


日亜化学工業は手のひらを返した。

                                                    • -

「大変喜ばしい」中村氏の古巣、日亜化学工業
http://bit.ly/1s8vbIN
産経WEST 2014.10.7 19:44

                                                    • -


ノーベル物理学賞中村修二教授を「日本人」と書いてしまう報道も見てみましょう。


安倍首相は無邪気に中村修二教授を「日本人」と追認しています。

                                                    • -

ノーベル賞「心が浮き浮き」=安倍首相
http://bit.ly/ZRv6OU
時事ドットコム 2014/10/08

 安倍晋三首相は8日午前、日本人3人がノーベル物理学賞に決まったことについて、「久々に日本にとって明るく、心が浮き浮きするようなニュース。LEDという大変身近な開発で、省エネにつながった。日本人として本当に誇りだ」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

                                                    • -


報道は手のひらを返した。


特許訴訟で200億円を要求した中村修二氏を叩いてきた報道は、過去の報道姿勢を知られたくないために中村修二氏の国籍すら確認しようとしません。というか中村修二氏に直接聞けないのでしょう。

                                                    • -

日本の司法制度は腐っている―封建制度そのままのまさに裁判長の独壇場…江戸時代から全く変わってない!by ノーベル物理学賞中村修二
http://bit.ly/1vPetNJ
日々坦々 (10/8 17:28)

一部略

「発明は会社のものか開発者のものか」

中村氏に関してはマスコミ報道の影響もあり、「強欲」というイメージがある。
たぶん、大企業とマスコミが結託してレッテル貼りをしたのだろうことは容易に想像できることで、企業にとっては社員が開発した技術や発明などの特許でも、「金一封」だけ渡しておけば済んだものの、もし特許技術が開発社員に帰属してしまえば、相当額を支払わなければならず、会社側にとっては大損失というわけである。

特に大企業に広告などを依存しているマスコミなどは、言われなくともその意を汲んでバッシングに走ったのだろう。

                                                    • -


中村修二 200億」でGoogle検索したところで過去の報道なんて出ない出ない、中村修二氏のノーベル賞で既にそういう仕組みが出来上がっています。


安倍首相も報道も中村修二教授を「日本人」にしておかねばならない、中村修二氏が日本国籍を捨てる原因となった司法の黒歴史はこれです。

                                                    • -

日本の司法制度は腐っている―封建制度そのままのまさに裁判長の独壇場…江戸時代から全く変わってない!by ノーベル物理学賞中村修二
http://bit.ly/1vPetNJ
日々坦々 (10/8 17:28)

一部略

●発明の対価訴訟
中村氏が発明した青色LEDで当時勤務していた日亜化学は、それだけで1200億円利益を得ていたといわれるが、中村氏が受け取った報酬は2万円という。

「200億円」の報酬を求めて起こした裁判の一審の判決では「産業界待望の世界的発明を独力で成し遂げた」として、総利益約1200億円余の半分を中村氏の貢献と認め「発明の対価」を約604億円と算定したが、請求額が200億円だったた支払い命令額は200億円となった。
それを不服とした日亜化学側が控訴した高裁では、裁判官が薦めた和解が成立し一審の判決からは程遠い「8億4391万円」を日亜が支払うことで結審した。(参照)

http://bit.ly/1vO2KAO

日本の司法制度は腐っている――。言いたいことは、この一言に尽きますよ。本当に頭にきています。

日米で裁判に関わったという中村氏が判決後の記者会見で語ったものを抜粋してみた。

私は米国でも裁判を経験しているので、日本の裁判制度自体に非常に矛盾を感じる。

米国では裁判に当たり係争に関わる証拠をすべて原告と被告が開示するのに対し、日本の場合は都合の悪い証拠を提出する義務はなく「個人は大企業に勝てない

今回の訴訟に関する証拠、私の研究ノートや特許書類は全部日亜化学が持っています。持ち出したら本当に企業秘密漏洩になりますから…。それを提出しろと言っても完全に無視。しかも裁判所は何も言わない。そのくせ日亜化学側は、自分たちに有利な証拠書類だけを出してくる。

で裁判長が「お前ら両方の主張はよく分からんから、わしが全部決める。落としどころの判決はこれじゃー」と言って終わり。封建制度そのままの、まさに裁判長の独壇場。江戸時代から全く変わってない。

                                                    • -


安倍首相は手のひらを返した。


司法で発明対価を大幅にケチった和解判決を知らぬふりです。


さらに自分の決めた知財戦略の会社所有決定も棚に上げて、知的財産で個人に対するノーベル賞受賞に「ウキウキ」するだなんて、閻魔様に聞かれたら舌を抜かれるでしょう。

                                                    • -

社員が発明した特許は「会社のもの」!? 政府の「知財戦略方針」にひそむ重大な問題
http://bit.ly/1umDXCd
弁護士ドットコムニュース 2013年07月16日

一部略

ジャパニーズ・ドリームは文字通りの「夢」のまま消えてしまうのか。企業所属の研究・開発者たちの間で、ため息まじりの声が上がっている。

政府は6月上旬、「知的財産政策に関する基本方針」を閣議決定し、「職務発明」のあり方の抜本的な見直し方針を発表した。

今の特許制度では、企業の従業員が「仕事」として行った職務発明であっても、出願できるのは発明した個人だけ。会社がその特許を利用するためには「対価」を払わなければならない。これを改め、自動的に、あるいは事前の契約によってすんなり会社に権利が帰属するようにしたいというのだ。

地裁が企業に約200億円もの支払いを命じた「青色発光ダイオード裁判」(後に和解)のように、この「対価」が巨額になるケースもあって、経済界は現行制度を嫌っている。その意向に沿い過ぎてはいないのか。発明で億万長者になる夢を断たれた優秀な技術者が海外流出してしまわないだろうか。

                                                    • -

中村修二氏の言葉では知的財産や特許権を認めない文系社長が会社を牛耳っているかぎり、ジャパニーズドリームは存在しないとも語っています。


安倍首相も報道も日亜化学工業も手のひらをかえしたのを知ってしまうと、日本人として恥ずかしいかぎりです。