読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

企画出版を成功させる方策【自費出版完全NG】


スポンサーリンク

コネなし状態から書籍を出版するなら「企画のたまご屋さん」を利用しよう


これ知らなかったのでご共有。先日「「パチンコ中毒は病気」という理解にひそむ罠」で紹介した書籍、「私、パチンコ中毒から復帰しました」はこちらのサイトから生まれたとのこと。

企画のたまご屋さん



企画をブラッシュアップして編集者に共有



「企画のたまご屋さん」は著者志望の人から企画を集め、ブラッシュアップしたうえで出版社・編集者に共有し、そこから商業出版を実現するというプログラム。登録している編集者は約1,000人とのことですから、自分で回るより圧倒的に効率がいいわけですね。




企画書はフォーマットも指定されているので、出版未経験でも迷わず入力できます。






これまでに300点以上の書籍をリリースしています。独特の企画が多いですね。「みんなの寺の作り方 檀家ゼロからでもお寺ができた!」とか超ニッチだけど長い目で売れそう。






ビジネスモデルはレベニューシェア。これ、30%はむしろ安いと思います。エントリーはもちろん無料です。

全体印税を100%とした場合、そのうちの30%を「企画のたまご屋さん」が 管理費および著者へのサポート費用としていただきます。

企画のたまご屋さん





というわけで著者志望の方はもちろん、企画を探している編集者の方は登録しておいて損はないでしょう。本を出すのはすばらしい経験になるので、ぜひチャレンジを。



本を出版する4つの方法(自費出版電子書籍は除く)

たまに「書籍ってどうやって出版するんですか?」というご質問を頂くので、僕が知っている範囲でノウハウを書き落としてみたいと思います。オンラインで検索しても、自費出版の案内ばかりでほとんどまともな情報がないんですよね。


僕自身、まだ著者としてはペーペーなので、あんまり内容は信用しないでください笑(業界の方、ぜひコメント欄で補足お願いします)。





方法1. 企画書をつくって突貫する



特に人脈がない場合はこちらの方法になるでしょう。「書籍の企画書」をつくって、半ば数打ちゃ当たる感覚で、出版社にメールします。

ここはある程度の突破力が必要で、メールでダメなら電話する、くらいの努力は求められます。窓口が記載されていないことも多いので、サイトに掲載されているメールアドレスや電話番号に突貫しましょう。

出版企画書については、下記サイトの項目が参考になるでしょう。

出版企画書の必須項目

1 、仮タイトル
2 、サブタイトル
3 、著者案
4 、ジャンル
5 、企画趣旨。詳細に書くこと。但し、全部が1枚に収まるように。3~4行程度が目安。
6 、判型
7 、価格
8 、印税条件
9 、読者ターゲット
10、主な構成案(章見出し程度。詳細や目次は別紙で)
11、類書と差別化
12、著者略歴
13、営業促進案


「必須」と書かれていますが、これが正解というわけでもありません。僕も企画書投げ込みで一冊書きましたが、8, 11, 13は欠如した状態でしたが、企画は通りました。あくまで編集者の判断なので、心に刺さる内容が記されていれば、企画は通る可能性があるでしょう。

また、こちらのサイトにも出版の企画書のテンプレが掲載されています。標準的な内容なので、こちらを利用するとよさそうです。

出版社の探し方は、Amazonなどで類書を出している出版社を探すのが手っ取り早いでしょう。出版関係の人が近くにいる場合は、その人を頼るのもありです。

ただこの方法は打率はそれほど高くなく、「ダメもと」くらいの感覚でいた方がよいと思います。(なお「自費出版」という選択肢もありますが、あまりいい噂は聞かないので、とりあえずはおすすめしません。業者に頼らず、電子書籍自費出版するというのは良いと思います)




方法2.人づてで編集者を紹介してもらう



もっともメジャーなのは、この手法かもしれません。

書籍の編集者は、常にアンテナを張って、有望な著者を捜しているものです。そういった編集者を知り合い経由で紹介してもらうことは、このソーシャルメディア時代において、そう難しい選択肢ではないでしょう。

まず、「出版したいフラグ」をしっかりと自分で立てておくことが重要です。すごく下世話ですが、例えばツイッターのプロフィールに「書籍を書くのが夢です」とか書いてみても良いでしょう(これはかなり露骨ですが…)。これまた下世話ですが、編集者とツテがありそうな友人がいたら、それとなく「本を書きたいんだけど…」と相談してみてもいいかもしれません。

もちろん「紹介に足る人物であること」は、大前提になります。良いコンテンツを持っていれば、特段の努力をせずとも、勝手に知人が編集者を紹介してくれることもあります。中身がない状態で出版したいフラグを立てても痛々しいだけなので、ご注意ください。





方法3. ツイッターやブログでエッジの立った情報を発信する



僕はこのやり方でした。ソーシャルウェブ時代、書籍を使わずとも、自分の意見をガンガン自分のペースで発信することは可能です。皆さんの発信する言葉が編集者の眼に止まる価値のあるものであれば、努力をせずとも、向こうから声がかかってくるものです。

僕はこれまで共著含めて4冊の本を書き、現在3冊の企画が進行していますが、そのうち4冊は編集者の方から直接お声がけを頂きました。そういうケースは、編集者の方が僕の文章や意見をある程度理解してくれている状態なので、仕事はとてもしやすくなります。

これは傲慢かつ極端な言い方ですが、ブログやツイッターで受けることが書けないなら、売れる本を書くことはできないでしょう。歴戦の著者は例外ですが、これから本を書きたい!と思っている方は、そのくらいで考えておくのがよさそうです。少なくとも、今このブログを読んでいるくらいのITリテラシーはあるわけですから、まずは自分でまずは書いてみましょう。






方法4. 著者と知り合い、共著者として参加する



こちらはマイナーな手法で、その性質上単著にはなり得ないのですが、既に著者としてネットワークも実績とある方と繋がると、「共著者」として名を連ねるチャンスも舞い降りてきたりします。

ただ、この場合はあくまで「共著」なので、自分の伝えたいことを紙面の100%使って伝えられるわけではありません。その意味では、この方法は「おまけ」程度に考えておくのがよいでしょう。




というところが、僕が知っている「本を出版する方法」です。詳しい方、ぜひ補足があればコメント欄に書き込んで頂けると幸いです。




これからは電子書籍を自分で出す人も増えていくのでしょうね。僕も市場環境が整ったらチャレンジしたいと思います。自分で作って自分のサイトで売れば、ほぼ利益なので、部数が少なくても十分マネタイズできるのでは?と夢を見ています。





本を出しませんか! に騙されないで確実に出版する方法 企画出版だって簡単だ!

1. はじめに

一生に一度は書籍を出してみたい! という人は結構多いです。しかし現実に出版に結びつけるのはとても難しいことです。現在わたしは3冊の本を出版し、昨年度はついに「小学館」から出版したあと、勢い余って出版社を作ってしまいました。
 今もまた「未来のベストセラー作家」を育てるべく日々活動しています。


 無名の作者がどうやったら本を出すことができるのか。売ることができるのか。大分悩み苦労しました。本を出したい。という自分の気持ちは分かっても、実際はこれだけではかなり漠然としていて、具体的にどうやっていったらよいのか。ということは中々分からないのではないかと思います。出したい! と思う人が500人いたら、実際に本が出るのはその中のせいぜい1人2人だからです。

 出すことだけが目的であれば、自費出版業者に原稿を渡し、お客様となりそれでオシマイ。でも良いのですが、本を出すというのは「結果」ではなく「経験」そして「結果」が必要になってきます。
 本が好きだから本を出したい。と思っている人にはこうした「経験」はむしろ苦痛かもしれません。それは「お客様」の立場から「商売する側」になるからです。書店営業に行く度に商品である本に誘惑されていては商売になりません。

 が、本を作るというのはとても楽しいことです。とても名誉ある嬉しいことだと思います。自分の本が棚に並ぶことを想像しつつ、未来のベストセラー作家目指して是非挑戦をしていただければ幸いです。




<<出版社に連絡を取れ>>

本日、マンガ持ち込みのTELをリベンジ!

結果から言うと、とりあえずアポイント完了です。
集英社ジャンプスクエア
角川書店少年エース


講談社もアポイントを取りたいと考えています!

持ち込み日時は
4月7日(木)
14:00~集英社
17:00~角川書店

1時間から1時間30分のイメージっでアポイントを取ったんですが
10分で終わったら爆死ですねwww

講談社を入れるなら午前中か・・・



アポイントの取り方は
私、営業をしていますので何とかなりました。
しかし、これからアポイントを取りたいが、取り方が分からない方の為に
アポイントの取り方を書いておきますw



1.スケジュールを決める

大体でOKですが、何月何日の何時くらいと決めておいた方がいいです!
第一希望と第二希望の日程を決めておけばスムーズに事が運びます。
できれば一日で3社から4社回りたいところですね・・・

時間帯は1社1時間30分とみて、移動時間込みで合計2時間と前提に考えておきます!
そうすれば
10:00~ A社
13:00~ B社
15:00~ C社
17:00~ D社

と、一日で最大4社は回れると思います。
もちろんそれ以上回れればベストですよね!
但し、遅刻はNGなんで、ゆとりを持っていきましょう。



2.忙しい出版社、もしくは本命から電話する!

特に遠方から向かう方には必須項目と言っても過言ではありません!!
遠方の方はできれば一日で回りたいところ・・・
であれば出版社に優先順位を付け、優先順位の高い会社からアポを取っていきましょう!


3.持ち込みの担当者に繋いでもらう!

電話したら、いきなり「持ち込みさせて下さい!」ではダメですよね。
向こうも会社なので、ビジネスマナーは守りましょう!
簡単に流れだけ書いておきます。
※かなりまとめています!

A「お電話ありがとうございます。A社です。」

私「御社にマンガの持ち込みをしたいと考えているのですが、ご担当の方いらっしゃいましたらお繋ぎ願えませんでしょうか?」

※ここで外出等でいないようであれば、帰社時刻を聞いておきましょう。その時間に合わせてこちらから電話するといいですよ。


A「お電話変わりました、担当の○○です。」

私「御社にマンガを持ち込みたいと考えているのですが、○月○日の○時からお願いできますでしょうか?」

A「大丈夫ですよ。ちなみに当社へ持ち込みされるのは初めてでしょうか?」

私「はい、ヴァージ(ry  初めてです。」



みたいな感じで何点か質問されますので
慌てず落ち着いて挑めば大丈夫です。



4.当日を待つ!
ここでジタバタしても始まりません。
あとはじっと当日を待ちましょう。



なんて偉そうに言っていますが、実際は心臓バクバクでした。
仕事では何にも感じないのですが、いざ出版社に電話するのは緊張ですね。

電話する勇気の無い方へ・・・


電話しましょう!!!!

最初は誰でもそうですよ・・・
でもここで諦めたら終わりです!!
頑張って夢を追いかけていきましょう!!