二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

四大文明以前の文明の存在【雑多注意】


スポンサーリンク

遺失情報:大学サーバーの大学教授のPDF論文によると中近世の日本は「中国朝鮮文明圏・文化圏」だったと冒頭結論で述べている。
遺失情報:某陰謀サイトによると世界支配者は考古学上の発見を捏造することで歴史を操作する
遺失情報:BFによると法人税減税はアメリカが貯蓄が枯渇した日本から富を盗み取るための安倍麻生奴隷政権の謀略


FACT「封印されたテクノロジー」が存在する
【真実の歴史】4大文明は嘘!超古代文明は実在していた!?世界中で発見されるオーパーツの正体と、隠された真実の歴史!

私達が学校で学んでいる人類の歴史は、メソポタミア文明エジプト文明インダス文明黄河文明の4つの大文明が最初に起こり、以降の文明はこの流れにあると学んでいると思いますが、実は近年、この4大文明説を否定するような発見が相次いで報告されているのです。

例えば、「オーパーツ」と呼ばれている現代の常識ではあり得ないような物が世界中で発見されています。この「オーパーツ」も今までの常識に縛られているからこそ、「オーパーツ」に見えるのだと思います。

以下、オーパーツと呼ばれているものをざっと紹介。

水晶ドクロ(クリスタルスカル)

加工された痕がないことから、一つの水晶から作られたと考えられ、現代の加工技術をもっても当時の技術を再現して作るのは不可能です。
プリズム効果も考慮して製造されており、ドクロ全体が炎に包まれたように光ったり、眼球部分から光が放たれたりする。
水晶のプリズム効果・屈折率の知識がないと製造は不可能で、偶然でできることはありえない。しかも当時の人間が知っているはずのない知識でもある。
失われた技術(ロストテクノロジー)の可能性もあります。


アンティキティラ島の機械

紀元前150~100年にギリシャで制作されたと考えられている歯車式の天球儀。
まぁ、つまり太陽や月の動きを正確に示すことができる機械です。
非常に複雑で精巧な作りになっていて、うるう年や月食や日食も予想できるそうです。
同様の複雑さを持った技術工芸品は、この1,000年後に発明されています。


コスタリカの石球

コスタリカの密林で発見された石球群。
西暦300~800年に製造されたと思われます。
現在までに2㎝~2m級のものが200個以上確認されており、そのどれもが完全なる真球。
完璧な真球を造る幾何学的知識と、意図通り石を削り取る高度な成型技術がないと製造は不可能。
ロストテクノロジー説も。


ロシアの金鉱で発掘された極小コイル

ロシアの金鉱の土の中に、小さな機械の部品が大量に埋まっていた。
発見された部品コイル状もの、金属棒にコイルを巻きつけてあるものなど形状は様々で、大きさは3cm~3ミクロン(0.003mm)という極小サイズ。
年代測定の結果、2万年~約32万年前の物と判明。
こんなに小さなものを加工する技術が過去にあったのか?
まさしくロストテクノロジー


数億年前の地層から発見されたハンマー

1億~4億年前の地層から、ハンマーが見つかる。
人類が生まれる遙か以前にハンマーが存在した?
情報源によって地層の年代が違うので1億~4億と表記しますが、それでもその時代の地層からハンマーが発見されるの自体がおかしいので気にしません。

ハンマーの金属部分の成分を分析したところ、鉄96.6%、塩素2.6%、硫黄0.74%、珪素0.06%という測定結果が出ました。
鉄の純度が高いのはもちろん、特筆すべきは「塩素」が含まれていること。
現在の科学では、塩素を含んだ合金はまだ作れないそうです。
ロストテクノロジーなのか??


恐竜と人間の化石が同じ地層から発見される

アメリカのテキサス州、パラクシー川流域で、恐竜と人間が同一の時代に生きていたという足跡の化石が発見されました。人間と恐竜の足跡が同じ岩層、同じ岩盤から発見されたというのです。

これらの足跡が発見された岩層は、地質年代測定の結果、 
白亜紀前期(約1億1,000万年~1億1,500万年前)のもだそうです。
つまり、恐竜と人類は共存していた時期があるという、地質年代柱状図の概念に全く反することなんですね。


踏まれた三葉虫の化石

三葉虫が生息していたのはカンブリア紀(約5億年前)
その三葉虫を人間が踏んづけたような化石が発見された。
靴跡のような化石は長さが約26cm、踵のくぼんだ場所の深さは3mm。
そんな時代にあるはずのないもの、まさしくオーパーツ


アカンバロの恐竜土偶

メキシコ・アカンバロで出土した恐竜を模した土偶。
科学的な測定(C14法)を行った結果、紀元前1,000~紀元前4,000年の物と判明。
その時代に恐竜が存在するハズがなく、古代人がなぜ恐竜の存在を知っていたのか?


バグダッドの古代電池

現在のイラクバグダッドで出土した古代の電池。
土器の中に固定された銅の筒が入っており、その中にアスファルトで塞がれたシリンダーの中に鉄製の棒が差し込まれている。また、底に何らかの液体が入っていた痕跡が残っていた。
復元して実験を行った結果、発電させることができ、また、銀製品を金メッキ加工することもできた。
電池が発明されたのは18世紀後半になってからで、明らかなオーパーツ(時代錯誤遺物)です。
:引用終了


簡単にオーパーツを紹介しましたが、これでも全体から見れば、オーパーツの極一部でしかありません。このように世界中で年代と技術力が合わないものなどが発見されているのです。

私が思うに、人類は4大文明よりも前にも、しっかりとした技術力を持っていた文明を作り上げていたのだと思います。だからこそ、このようなオーパーツが「世界中」で発見、報告がされているのでしょう。


エジプト文明メソポタミア文明インダス文明、中国黄河文明を世界四大文明として、世界文明の祖であると考えるのは、学問の世界では今や完全に否定されている。
これは、考古学の成果により、同条件を満たす地域が他にいくつも発見されたことによる。
そもそも欧米では四大文明という考え方をこれまでもしていない。
世界に通用しない過去の学説を当然のように載せているのが日本の中学の歴史教科書なのである。
:引用終了


つまりは、4大文明という嘘をゴリ押ししたために、文明に対して個体観念が多くの人に出来上がってしまったということなのです。それも国家単位で。
そして、この「4大文明が最古の文明」という概念が真実を曇らせてしまって、いわゆる「オーパーツ」という言葉を生み出してしまいました。

というか、年代測定器でもしっかりと「古い時代のものである」と表示されているのに、「オーパーツ」「オーパーツ」と言うのも変な話です。
普通に「古代文明の電池」とか「古代の機械式観測システム」とか、言えば良いだけの話だと私は考えています。変にオーパーツだの、何やかんやと言うから、真実が見えなくなっているだけのことです。

近年、最新技術を駆使しして様々な調査を行なっていますが、このオーパーツを作り上げたと思われる超古代文明の遺跡が世界中で「海底」から見つかっています。


↓与那国海底遺跡

クレオパトラの海底宮殿

↓ポート・ロイヤル(ジャマイカ)



数々の海底遺跡古代文明の存在を示すものであると同時に、このような文明が海底に沈んでしまうほどの大変動が過去の地球で発生したことを示すものでもあります。
これが未来の私たちにならないためにも、これらの遺跡と真剣に向き合う必要があると言えるでしょう。

ちなみに、古代遺跡の向いている位置を地球規模で結ぶと、アラスカにある米国のHAARP基地と同じ場所を示しているのは偶然だとは思いますが、なかなか興味深いです。
稀にですが、古代の決まりごとや法則が、現代の都市や計画に反映されていることがあります。もしかすると、HAARP基地をアラスカという場所に建設した理由にも何か秘密があるのかもしれませんね。

↓古代遺跡を結んだ先
画像


古代文明と気候大変動―人類の運命を変えた二万年史 (河出文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
地球は一万五〇〇〇年前、氷河時代を終えて温暖化を迎え、人類は“長い夏”に育まれてきた。絶えず変動する気候に翻弄されながら、古代文明はいかにして生まれ、滅びたか。気候学の最新成果を駆使し、その興亡史を鮮やかに描き出すとともに、洪水や干魃などの大災害に対する現代文明の脆弱さに警鐘を鳴らす、壮大な人類史。

長きに亘る自然との闘いと文明の進歩の結果、我々の社会はいまや発展と繁栄の極みを謳歌するに至り、こうした状況は今後も無限に続いていくように思われています。しかしながら、我々の祖先が恐怖と畏敬とを以って接し来たった大自然は、果たして本当に人類の英知の前にひれ伏しているのでしょうか。

 本書は、米国の高名な考古学者が、今から約18,000年前にまで遡り、欧州・中東・米大陸等を中心として人類発達の足取りを追いつつ、気候と文明との関係を説き明かそうとする試みです。地球の軌道離心率や太陽活動の変化、海流や氷河の状況、そして火山の活動などにより気候上のパラダイムが変化した際の、人間文明に及ぼされた凄まじいばかりのインパクトを丁寧に解説しています。

 そして著者は、文明の進歩により人類は自然に抗う術を獲得してきたものの、居住地移動の可能性の低下やサンクチュアリとしての森や海の消滅に伴う柔軟性の喪失により、今日の先進文明は、「千年に一度」といった規模での気候大変動に対しては却って脆弱性を増していると主張しています。

 自然との関係において、人間の営みは、結局のところ、ほんの小さなものに過ぎないのかも知れません。本書を読んで、そんな妙に謙虚な気持ちを味わったことでした。



おまけ:「自国のために戦う意志はありますか?」⇒日本が11%で世界最下位に!ベトナムパキスタンが上位! (11/20)


2010-05-25
■[Skepticism] 今更巨人の骨なんて信じるやつがいるのかAdd Starkuippa14moondriver
あごひげ海賊団 : 巨人族みたいな遺体が見つかった
 はてなブックマークを見ていたら上のような巨人の骨を発見したという記事をみつけた。
 どう見ても実在のものではなく、画像を加工しただけの代物だ。
 この手の巨人の骨や化石がみつかったという話題はアメリカを中心に人気で、中には真面目に受け取っている人もいる。
 上のニュースもリンクを遡ると海外の陰謀論者のサイトhttp://www.concienciaradio.com/gigantes_grecia.htmにたどり着く(今は消滅)。
 何故この手の巨人が受けるかというと、旧約聖書には巨人族ネフィリム(wikipedia:ネフィリム)の記述があり、巨人の骨や化石がみつかれば聖書の正しさを実証する根拠が増えるからだ。
 何度も発見の報(虚報)があるノアの箱舟と同じようなものだと思っていい。
 ただし、確認が容易な巨人の場合、実物があっても簡単にでっちあげが分かる。
 古い例で有名なものに「カーディフの巨人」がある。
 これは巨人の化石と偽って特別にあつらえた石膏像だ。
Skeptic’s Dictionary: カーディフの巨人
The Cardiff Giant
 さすがにこれはどう見ても作り物なのでバレたが、当時は信じる人もかなりいたようだ。

 後の時代の人間はもっとずるく、実物を出さずに写真と逸話だけを提示し、「マスコミが隠した真実」などと銘打って情報を流している。
 画像を作成・編集した人間は遊びのつもりでも、勝手にキリスト教原理主義創造論者やオカルト好きに引用され、適当な逸話や設定が足されていることもある。
 しかし、人間の骨をそのまま拡大したような形状の巨人はありえないだろうとか、本当なら報道されているだろうとか基本的なツッコミ所が多いのだ。
 巨人の骨には有名な例がいくつかあり、今回の画像もその一つで、とうにネタが割れている。
 下の都市伝説検証サイトを見てほしい。有名な事例が加工前の画像へのリンクとともに解説されている。
Giant Human Skeleton Found in Saudi Arabia : snopes.com 都市伝説検証サイトの記事
"Skeleton of Giant" Is Internet Photo Hoax National Geographicの検証記事

 英語が面倒な人のために簡単に紹介しよう。
 まずはサウジアラビアで発見された巨人の骨という触れ込みの画像。
http://www.snopes.com/photos/odd/graphics/giantman.jpg 
 しかしこれは編集元を遡るとhttp://www.worth1000.com/というサイトに投稿された画像編集のフェイクだ。
 ここの「考古学的異物」をテーマとする画像編集のコンペに投稿された画像と判明している。
  Giants - Worth1000 Contests 投稿画像
 更に遡ると編集元はAerial Views of Hyde Park Dig Siteにあるマストドンの化石発掘の画像であることが分かっている。
 この画像の説明を変え、インドでみつかった巨人の話にされている例もある。
Srini’s Weblog: Bhima’s son Gadotkach like skeleton found 同じ画像がインドで発見されたことに。

 そして一番最初に挙げたサイトで話題のギリシアでみつかったという触れ込みの画像の一つは、シカゴ大学のPaul C. Serenoが発掘した草食恐竜の化石の発掘現場の画像が元になっている。
 http://www-news.uchicago.edu/releases/photos/expedition/ 加工前画像は上から5番目
 多くの巨人の骨の画像は、現実の化石発掘などの画像に人骨の画像を加えることで作成されているようだ。
 この他にも類似の巨人の骨の画像は他にもあり、来歴が解明されていないものもあるが、これまでの経緯と紹介文のおかしさから悉くフェイクであることはまず間違いない。
 しかしまるで本当のことのように紹介する人は絶えない。
 この現代にあの手の記事や画像を信じる人がいるかは疑わしくもあるが、うかつな人や『ムー』の記事を信じるような人、創造論を信じるような人には信じる人もいるようだ。


中国最古の文字か 5000年前の出土品に記号

社会

2013/7/10 1:54

 9日付の中国紙、光明日報によると、浙江省平湖市の庄橋墳遺跡で発見された約5千年前のものとみられる出土品に彫り込まれた記号が、中国最古の文字とされる甲骨文字よりさらに約千年古い文字である可能性があると分かった。浙江省の文物考古研究所が明らかにした。

 出土品は約5300年から約4千年前に長江下流域で発達した良渚文化期のものとみられ当時の住民が一定の文化レベルを有していたことを意味するという。同遺跡からは2003~06年、記号が彫り込まれた石器など約240点が出土。記号は旗に似た形もあった。

 1カ所に並べてあるなど一定の秩序があることなどから文字と判断。研究所職員は「6つ並んだ記号のうち、3つが同じものがある。明らかに何らかの意味を伝えようとしている」とした。(北京=共同)



軽く検索で調べると
四大文明、否定してる多くがネトウヨ系という…

「日本が黄河文明の流れにに含まれると言うのを
否定したい」ようだけど。
そもそも、四大文明という定義が、以後の文明はみな
この四大文明の流れをくむって意味で使われてただろうか?
別に四大文明じたいと関係ないんじゃないかと。
(日本は漢字の影響とかは実際にあるだろうけど)

四『大』文明だから、
別に当時、それ以外の地方に文明が
一切なかったって意味でもないだろうし。

2ちゃんねるまとめサイトで話題の「韓国では世界五大文明・コリアン文明」…ツイッター上では「デマ」の指摘
また情報弱者にして経済弱者のネトウヨが騙されたのか


日本語版ウィキペディア四大文明の記事

四大文明」の考え方の原型は梁啓超の『二十世紀太平洋歌』(zh:二十世?太平洋歌)という詩[2]の中にあり、「地球上の古文明の祖国に四つがあり、中国・インド・エジプト・小アジアである」と述べている。ジャーナリスト・政治家であった梁啓超は戊戌の変法が失敗した後日本に亡命しており、1889年末にハワイの同志に会うために太平洋を横断した際の詩を詠んだ。この詩で、梁啓超は世界史の三つの大きな区分を呈示している。第一は大河の周辺に四大文明が出現した「河流文明時代」、第二が地中海や紅海や黄海などの内海周辺に文明が広がった「内海文明時代」、そして今は大航海時代以降の「大洋文明時代」であるという。



英語版ウィキペディア四大文明の記事

文明の発祥地は、現在の考古学的データによれば、場所を指す用語である文明が出現していると理解されています。

学者は、このような書き込み、都市、クラスベースの社会、農業、畜産業、公共の建物、冶金、および記念碑的なアーキテクチャの使用など、さまざまな基準を使用して文明を定義している。[1] [2]現在の考え方は、単一がなかったということです「クレードル」が、近東そのうち、独自に開発したいくつかの文明新石器時代メソポタミアとエジプトは)第一号だった。[3]他の文明がで生まれたアジア大沿いに位置する文化の中で川の渓谷、特にインダス川インド亜大陸[ 4 ]と黄河中の中国。[ 5 ]の初期の文明との間に有意な影響があった程度肥沃な三日月地帯とのそれらの東アジアが争われています。学者は文明のことを受け入れるノルテチコの現代ペルーとそのメソアメリカの中のものとは独立して出現したユーラシア 。[6]

用語の文明の発祥地は、しばしば、特に、文化や様々な分野に適用されている古代オリエント 金石併用(ウバイド文化)と肥沃な三日月地帯。また、古代に適用されたアナトリア、レバント、アルメニア[3]とイラン。それはまたのような文化の前任者、を参照するために使用されてきたギリシャと西洋文明 、[7]このようなサイトは、文明の自主開発としてだけでなく、国家のレトリックの中には理解されていない場合でも。[8]


イデアの歴史
コンセプト「文明の発祥地は、「多くの議論の主題です。比喩を使用クレードルはによって追跡される」ものが育ままたはその初期の段階で保護された場所または地域」を意味するOEDにスペンサー(1590)。チャールズローリンの古代史(1734)」で提供してエジプトを持っています最初の神聖な国家の発祥地として。」

語句「文明の発祥は「内の特定の役割果たしている国の神秘主義を。それはで、例えば、東部だけでなく、西洋の文化で使用されてきたヒンドゥーナショナリズム(文明の発祥地の検索では 1995)、および台湾ナショナリズム(台湾-文明のゆりかご[8] 2002)。この用語はまた、難解に見える偽史など、Urantia ブックのタイトル「第二のエデン」、または主張pseudoarchaeologyに関連した巨石(英文明One 2004:文明のゆりかご古代ブリテン 1921)。


文明の台頭

至る過程の初期の兆候座りがちな文化がで見ることができますレバント早けれ12,000紀元前にナトゥフ文化の人の文化が座りがちになりました。それは紀元前1万年によって農業社会に発展しました。[9]豊富で安定した食糧供給を保護するため、水の大切さ、による穀物などの狩猟、釣り、収集リソースの有利な条件に、最初の提供広い範囲の経済の作成 ??をトリガ永久村の。[10]

数千人の住民を持つ最古のプロト都市集落に出現新石器時代。数万を収容する最初の都市があったメンフィスとウルクにより、第31世紀(参照紀元前歴史上の推定都市人口が)。

歴史的な時間は、離れてからマークされている先史時代、「過去の記録は将来の世代の利益のために保持され始め、「回[11]の開発を、である書き込み。文明の上昇は外書き込みの発展と一致するために取られている場合がproto-書き込み、近東金石併用、の間の移行期間新石器時代青銅器時代の間に第四千年紀紀元前、とでプロト書き込みの開発ハラッパーでインダス 3300の周りに南アジアのBCが続く最古の発生率は、ある中国のプロト書き込みへと進化甲骨文字の登場によって再び、およびメソアメリカの書き込みシステム約2000紀元前から。

書かれた文書が存在しない場合には、初期の文明の上昇のほとんどの側面は、正式な機関の開発と物質文化を文書考古学的評価に含まれています。人生の「文明化」の方法は、最終的に集約農業からほぼ独占的に来る条件にリンクされている。ゴードンチャイルドは、二つの連続回転の結果として、文明の発展を定義しました。新石器時代の革命定住社会の発展を誘発、および都市革命、これは密集集落、専門的な職業グループ、社会階級、余剰の搾取、記念碑的な公共の建物や書き込みの方の傾向を強化しました。これらの条件のいくつかの、しかし、記録によって比類のないです:密集集落は、エジプトの古王国時代に証言とでは存在しなかったされていなかったマヤのエリア。インカは全く書いて欠けていました。多くの場合、記念碑的なアーキテクチャは、村の決済のいずれかの表示を先行しました。例えば、現代のルイジアナ州では、研究者は主に遊牧民だった文化が早ければ3400 BC季節集落で土工塚を構築するために世代を超えて編成することを決定しました。むしろイベントや前提条件の連続よりも、文明の上昇が均等に初期の農業を始め加速プロセスとして仮定し、東洋の青銅器時代に絶頂に達した可能性があります。[12]


単一または複数クレードル[ 編集]
伝統的な理論文明の広がりのは、それがに始まったということです肥沃な三日月地帯と影響力によって、そこから広がる。[13]学者は、より一般的には、今の文明は、両半球のいくつかの場所で独立して生じたと考えています。彼らは、社会文化的発展が異なる時間枠に沿って発生したことを観察しました。「定住」と「遊牧民」のコミュニティがかなりの対話を継続し、彼らは厳密に広く異なる文化のグループに分割されませんでした。文明の発祥地の概念は、住民が構築するために来たフォーカスがある都市を作るための技術で実験し、書き込みのシステムを作成するには、陶器をし、金属を使用するために、動物を飼い慣らす、複雑な開発に社会構造が関与クラスのシステムを 。[6 ]

現在の奨学金は、一般的に文明が独立して出現した6サイトを識別します。メソポタミアナイル川インダス川黄河、中央アンデス、およびメソアメリカを



旧世界[ 編集]
メソポタミア[ 編集]
主な記事:メソポタミアの歴史、シュメールとウバイド文化
歴史的に、古代の都市国家メソポタミアで肥沃な三日月は文明の発祥地です。チグリス川ユーフラテス川の収束が豊かな肥沃な土壌や灌漑のための水の供給を生産しました。これらの河川を中心に出現した文明は最も初期の既知の非遊牧民の農耕社会の一つです。そのためウバイド、シュメール、アッカドアッシリアやバビロン文明はすべての周りに現れチグリス - ユーフラテス、という説メソポタミアは文明の発祥地であるが、広く受け入れられている。[21]

メソポタミアの文明シュメールはに出てくるウバイドの期間(6500から3800 BC)とウルクのを生じさせる前に、半ば3千年紀で最高潮に達する、期間(3100およそ紀元前4000年)アッカド帝国 24世紀紀元前に。これは多くの場合、最初と識別された帝国の歴史インチ

エリドゥはプロト文明ウバイド期間中に決済さ最古のシュメールサイトでした。数マイル南西の位置ウル、エリドゥは早期の団塊の最南端た寺院で ??、-cities シュメール、南部メソポタミアこれらの初期に、集落の周りに5000紀元前にさかのぼります。で紀元前4千年紀によりニップールの種類に関連して- ジッグラトと神社 - コンジットの内蔵レンガの形でアーチ。シュメールに書かれた碑文粘土もニップールに表示されます。紀元前4000年、古代ではエラム 都市のスーサにメソポタミア、また以前から出てくるように見える村。エラム人はもともと自分のスクリプトを持っていたが、幼い頃から彼らはシュメール適応楔形文字の独自の言語にスクリプトを。約3500紀元前より後でなしに最も初期の認識可能な楔状日付。この頃に跳ね上がるようになった他の村古代オリエント(中東)が大きく影響し、プロト文明完全文明の状態に(例えばから急速にシフトしたエブラ、マリとアッシュール)。

エジプト[ 編集]
主な記事:古代エジプトの歴史と古代エジプト
中(Khemetとして知られている)王朝エジプトの上昇ナイル渓谷は約3200紀元前に上下エジプトの統一で発生した、との開始時に、周りの343紀元前に終わったアケメネス朝王朝エジプトのコントロール。これは、世界最古の文明の一つです。証拠も近く、エジプトの南西隅に人間の居住を示しているスーダンの 8000 BC前に、境界線。7000年頃から紀元前3000年にサハラの気候は今でも非常に乾燥している地域では、良好な放牧地を提供し、多くのしっとりしました。自然気候変動3000の後にBCは地域のプログレッシブarificationにつながりました。それは、これらの変化の結果として、2500年の周りにサハラからBCの早期の部族が一緒に集中することを余儀なくされたことが示唆されているナイル彼らが定住開発河川、農業 経済とより集中社会を。しかし、先住民の部族が常に肥沃なナイル川渓谷に存在していただろうと自分で複雑 ??な社会を開発している可能性があることに留意すべきです。家畜が既にから輸入されていたアジア 7500 BCと紀元前4000年の間に(参照:歴史、牛期間サハラを、との証拠がある)牧畜との栽培穀物東サハラ第7千年紀では。

6000紀元前では王朝が誕生する前のエジプト人の南西隅にエジプトた放牧牛を。上の記号Gerzean陶器、C。紀元前4千年紀には、伝統的な似ている象形文字の書き込みを。で古代エジプトモルタル紀元前4000年で使用中で、古代エジプト人は、生産されたセラミック ファイアンスを早ければ3500 BCとして。古代エジプトでは最も高い古代のための信用を獲得しピラミッドとの初期の形態の手術とバージ輸送。

現在では、前王朝エジプトの状態は限り南スーダンなどのナイル川渓谷に沿って相互に関連した文化の文字列の一部であったことが認識されています。これらのうちのいくつか(特にタ・セティとプリカーマ市)は、紀元前3000年によって君主や都市開発を持っていました。事前カーマは最初Kushite帝国(カーマ、c.2500-1500 BC)の基盤となりました。

インダス[ 編集]
主な記事:インドの歴史、パキスタンの歴史とインダス文明

モヘンジョダロ

インドの文化ゾーン
最新の発見Bhirrana考古学KN Dikshitにより2012年以降以来のインド、ハリヤナ州は、ことを示しているHakraは、早ければ7500として紀元前から、この地域の日付からウェア[ 22 ] [ 23 ]になりBhirranaインダス文明最古のサイトを。[ 24 ]木片は、ツールおそらく、サイトから回収し、非常に早い時期に和解を示す、7500紀元前に日付を記入ラジオ炭素てきました。[ 25 ] 4000 BC、プロトHarappan文化はで、登場貿易ネットワークを含みますラピスラズリと他の原料。[ 要出典 ]この段階の間、都市センターは、北部と西部のスパンインド、現在パキスタンものです。Harappan相を含むいくつかの大都市、構成していることが知られているハラッパー(3300 BC)、ドーラビーラ(2900 BC)、モヘンジョダロ(2600 BC)、ロータル(2600 BC)、およびRakhigarhi、および1,000以上の町や村を、多くの場合、比較的小さなサイズの。都市は、全体的な次元でのマイルの正方形についておそらく元々 、その優れた大きさは、二つの大きな州でまたは別の大文字を持つ単一の大帝国のいずれかで、政治的な中央集権を示唆しています。それともハラッパーは例外的な洪水によって複数回荒廃されていることが知られているモヘンジョダロを、成功している可能性があります。[ 26 ]南にある文明の南部程度グジャラート以降は対照的に、成熟したHarappanフェーズで作成したように見えます他のインダスサイトへ。村人たちはを含む多くの作物、成長したエンドウ豆、ゴマ、日付、および綿を。インダス文明は、定期的かつ一貫して使用するために入金され小数の均一なシステムで古代の度量衡 。[27] [28]また、通りにはの発展に伴い、グリッドパターンに配置された下水と水システム。計画された都市のこの文明は原因から流れる川の乾燥に1700年頃最後に来たヒマラヤアラビア海とが形成されたインダス文明エリアの地質/気候変動へのタール砂漠。その結果、都市は放棄されたとの集団は減少し、人々がより肥沃なガンジス-ヤムナー川のエリアに移動。多くが不明のままインダススクリプトは未解読のまま。

中国[ 編集]
主な記事:中国の歴史とErlitou文化

中国、台湾、および国はにリンクされている中国の文化と政治史
遺跡などの三星堆遺跡やErlitouの証拠を示して青銅器時代の 文明 Erlitouは東アジアの最初の国家レベルの社会考えで、中国では。[29]最も初期のブロンズナイフがで発見されたMajiayao甘粛省で3000紀元前日付青海省

黄河はによって評判で、2205年頃に灌漑された禹半神話上の開始、夏王朝を。考古学者は、いくつかのことを示唆していると、夏王朝の存在をサポートするための考古学的な証拠があるか否かが一致しない青銅器時代の社会は、二里頭文化は、この古代の、最初に記録王朝のサイトだった中国。記録された最古の考古学的に検証可能な王朝中国の歴史、殷王朝は、1750年頃に登場しました。殷王朝は、青銅製の工芸品やのために起因する甲骨古代を思わせるマーキング亀の殻や牛の肩甲骨た、漢字とで見つかった黄河の中で谷殷の首都殷。殷王朝からのタートルシェルは、炭素-日付の周りの紀元前1500年に行ったことがあります。

中国文明黄河流域における都市国家で始まりました。中国は文化と政治的に大きな集中型の帝国の下で統一になったとき221紀元前に一般的に受け入れられている年で、秦王朝の皇帝によって設立され、始皇帝ディ。中国の歴史の中で連続した王朝は、中心から大きな領土を制御するために、中国の皇帝を有効に官僚システムを開発しました。

ニュー・ワールド[ 編集]
でアメリカの歴史、文明は大陸の人口後の長い確立されました。で開発されたいくつかの大規模集中型の文明西半球:ノルテチコ、チャビン、ナスカ、モチェ、ワリ、チムー族、ティアワナコ、アイマラ語とインカ Centralのアンデス(ペルー、ボリビア); Muiscaコロンビア; Olmecs、Toltecs、Mixtecs、Zapotecs、アステカとマヤでメソアメリカ(メキシコと中央アメリカ)。

中央アンデス[ 編集]
主な記事:古代ペルーとノルテチコ文明

カラル遺跡ノルテチコの、アメリカ大陸で最古の文明
最古の既知の文明南米だけでなく、中西半球全体として、ノルテチコ文明 - C。3200 BC - 1800 BC -の構成いくつかの相互接続集落ペルーでの都市中心部を含む海岸、Asperoとカラル遺跡。初期の形の存在QUIPUカラル遺跡で(アンデス記録媒体)は、その潜在後でアンデス社会への影響だけでなく、このユニークな記録システムの古代を示しています。サイト上の石のピラミッドはギザの大ピラミッドに現代的であると考えられています。珍しくアンデス都市間、要塞の、または戦争の他の徴候の証拠は、まだノルテチコで発見されていません。

メソアメリカ[ 編集]
主な記事:メソアメリカの年表とオルメカ
オルメカ文明が最初だったメソアメリカの 1600から1400年頃に始まり、約400紀元前に終了、文明。この文明は、メソアメリカ文明の母文化と考えられています。メソアメリカのカレンダー、数字システム、書き込み、およびメソアメリカの神々の多くはオルメカで始まっているように見えます。

農業のいくつかの要素はかなり早いメソアメリカで実施されているように見えます。トウモロコシの栽培は、 7,500?12,000年前に始まったと考えられています。周りに5100紀元前に低地トウモロコシ栽培の日付の最古の記録。[30]農業は非常に遅く、他の地域に比べまで狩猟収集・フィッシングライフスタイルと混合されるように続けたが、2700年のBCによって、Mesoamericansは、トウモロコシに頼っていた、との生活ほとんどの村です。テンプルマウンドとクラスが表示されるようになりました。1300/1200紀元前では、小さなセンターは宗教的、商業的な関心事で団結都市国家の集合であったと思われる、オルメカ文明に合体。オルメカ都市は地球/粘土ピラミッド、宮殿、石のモニュメント、acqueductsと壁の広場で儀式複合体を持っていました。これらのセンターの第一は、サンロレンツォ(900 BCまで)でした。ラ・ベンタは最後の偉大オルメカ中心でした。オルメカ業者はジャガーと人間のヒスイと粘土人形を彫刻しました。その象徴的な巨大なヘッド-オルメカ支配者であると考えられては-すべての主要都市に立っていました。

オルメカ文明はサンロレンツォ、ラ・ベンタ、主要都市のうちの2つの改ざんや破壊に、紀元前400年に終わりました。それにもかかわらず、最も顕著な他の多くの状態を生み出したマヤ文明、最初の都市600分の700年頃に現われ始めに、。オルメカの影響が多く、後のメソアメリカ文明に表示されるように続けました。



西洋文明のゆりかご[ 編集]
主な記事:古代ギリシャ古代ローマと古典古代


コロッセオアクロポリスのシンボルギリシャローマ時代の世界。ビアローマ帝国ギリシャの文化はヨーロッパ全体に広がります。
ことを学術的コンセンサスがある古典ギリシャは現代の基盤提供独創的文化である西洋文化、民主主義、芸術、演劇、哲学と科学は。このような理由から、それは西洋文明の発祥地として知られている。[7] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]に沿ってギリシャで、ローマは時々発祥の地として、あるいはために都市が政治、で持っていた役割の西洋文明の発祥地として記載されている共和主義、法律、建築、戦争と西方教会 。[42] [43] [44] [45 ] [46]