二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

日本人は世界一足を引っ張る、特にオタクが酷い


スポンサーリンク

足を引っ張る人の心理とコンフォートゾーン

職場の上司や友人にいつも他人の足を引っ張っている人はいませんか?僕も学生時代に僕のことを勉強面でライバル視している人から勉強の邪魔をされました。今回はそういう足を引っ張る人の心理とコンフォートゾーンという概念をお教えします。

コンフォートゾーンとは

コンフォートゾーンという脳科学の概念を理解して
おくと足を引っ張る人の心理が驚くほど分かりやすい
ので先に説明しておきます。

コンフォートゾーンとは簡単に言えば心地が良い
状態のことで、人間はとにかくこのコンフォート
ゾーンから外れないようにする習性が強いです。

例えばダイエットしたければ食事管理と運動を
すれば、怪しいダイエットサプリメントなんかを
買いあさらなくても100パーセント痩せられるわけです。

が、実際には多くの人は毎日の運動が続かなく
なったり、甘いものをバクバク食べたりしてしまい
元の生活習慣に戻ってしまいます。

これはその人が元の生活習慣を
快適な状態、コンフォートゾーンだと認知して
いるからです。

何か新しいことに挑戦しようと考えても、なかなか
はじめられなかったり三日坊主で終わってもとの
生活習慣に戻るのも同じ原理です。

コンフォートゾーンは言い換えればぬるま湯
なのです。

僕は実家に住んでいたときに、片付けても片付けても
すぐに部屋が散らかっていました。

これは僕が散らかっている状態を潜在意識で
心地よい=コンフォートだと認識していたのでしょうね。

このように人間は自分のコンフォートゾーンから
自分自身が外に出ることを嫌います。

加えて人間は自分のコンフォートゾーンから他人が
外に出ることも不快、ストレスが溜まるのです。

足を引っ張るという人は自分よりレベルの高い人を
自分のコンフォートゾーンに引きずりおろしている、
ということですね。

もう少し詳しく説明します。

足を引っ張る人の心理

名称未設定-1

足を引っ張る人、というのは今説明したように
自分のコンフォートゾーンに相手を引き下げる人のことです。

「相手の成績を下げるために邪魔をする」ように引き下げる
ために実際に実行に移す人もいれば、自分の心の中だけ
で引き下げる人もいます。

自分の心の中だけで引き下げる、というのは
成功している人や芸能人を見て「どうせ、悪いことしてるんだろ」
とか「失敗しろ…」と心の中で思うということです。

2chとかに書き込んでいる人を見ると分かりますが、心の中で
他人のレベルを自分のレベルまで引きずり落として無理
矢理納得して精神を保っている人間は世の中結構多いです。

例えばサラリーマンだと収入で考えると分かりやすいです。

月収20~30万円ぐらいのサラリーマンが月収数百万
超えの若い起業家を見て「コイツはどうせ悪いことをして
いるに違いない」と無理やり相手のレベルを自分のレベルに
落として納得しているケースは結構多いです。

というのも、そういう人たちはそう思わないと
自分自身の生き方を否定することになってしまう
からです。

もちろん中には本当に悪いことをして稼いでいる起業家も
いるでしょうが、たいていの場合は普通に努力した結果と
して高い収入、成功を収めている場合がほとんどです。

しかし、それを素直に認めてしまえば今まで努力して
こなかった自分の生き方を全否定することになるので
とにかく自分の低いレベルのコンフォートゾーンまで
相手を引きずり落とそうとするのです。

マインドセットの優れている人はどう行動するのか?

自分のコンフォートゾーンから他人が外に出たときに
誰しもがストレスを感じると言いましたが、優れている
人は相手を引きずり落とすのではなく、相手のレベルを
認めて自分自身が相手のレベルまで引きあがろうと
努力するのです。

名称未設定-1

【優れている人のマインドセット】

①自分が相手よりも低いレベルにいることを認める

②足を引っ張って相手と同レベルになるのではなく、
自分のレベルを引き上げて相手と同じレベルに立とう
と自分磨き(自己投資)を行う

レベルや地位が上がったら赦しが必要になる

コンフォートゾーンから他人が外れたときに
とりうる行動として”足を引っ張る”と”自分が
相手のレベルまで上がる”の2つを紹介しました。

後者の人ばかりに囲まれて生活できるのが
理想ですが、実際は足を引っ張る人のほうが
世の中には多いのかもしれません。

そこでレベルの高い人は一々目くじらを立てて
怒るではなく、レベルの低い相手を赦す(ゆるす)
というマインドが必要になってきます。

相手を赦すというのは簡単にできることではない
ですが、自分自身のためにも赦すというマインドを
身につけていきましょう。

というのもレベルの低い人に対する「怒り」の感情を
抱いて苦しんでいる時間が無駄なこと極まりないので。


ネット情報は背中を押すことより足を引っ張ることのほうが多い。


インターネットで流れてくる情報量って膨大ですよね。

あふれんばかり、というか、いや、もう完全にあふれてしまって、水びたし状態。

情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報、情報……

情報が多すぎて、おぼれてしまいそうです。

情報のかしこい“取捨選択”なんて、こんだけ大量だとできませんよ。人間には無理だと思いますよ。そんな達人いないと思う。

でも、有益な情報もネットにはありますから。また、いまさら完全にネット情報をシャットダウンして生活するのって、ムズいですよ。

もう、付き合っていくしかないんですね。ネットの情報とうまく付き合っていくしかない。持病みたいなもんです。

にしてもあれですよ、ネットの情報って、“足を引っ張ること”のほうが多くないですか。“自信を無くさせる”情報が多い。

『そんなのはてめぇの芯がしっかりしてねぇからだ!ちゃんとしてるやつはそんなんじゃ動じない!』なんて云うかもしれませんが、いやもう、それ通じないですよ。毎日毎日、洪水のように情報が流れてきたら、そりゃ影響受けますって。そんな鉄人いないって。

話戻しますけど、インターネットは背中を押すことより足を引っ張ることのほうが多い。それは、某掲示板みたいに、誹謗中傷が多いから落ち込む、ということじゃなくて。「人間の心の闇」が潜んでいるから、じゃなくて。

自分の自信を無くさせる、足を引っ張る情報って、なにか。

それはみんなのアピールです。多くの人がネット上で自分をアピールをしている、「光」のようなもの。「人間の心の闇」とは逆、「人間の心の明るさ」こそがツライんですね。イヤになるんですね。その活発なエネルギーにヤラれてしまう。

意外と闇には飲まれないもので。自分を飲みこむのは、実は人の明るさ、光です。

で、そんな人のアピールを、光を、ネットで日々浴び続けてしまうと、頭を抱える回数も増えてくる。

自分がやろうとしていることを、すでに別の人がやっていたり。自分よりもすごい人を発見したり。他人と自分を比較したり。その人のアピールに自分が飲まれてしまったり。「なんだ、自分ってたいしたことないな」と思ったり。先に高いレベルを知ってしまって、今から始めても追いつけないと思って辞めてしまったり。

で、徐々に自分の自信が削られていく。消耗していく。足を引っ張られるというか、辞めてしまうんですね。当初はあれだけ自信があったのに。

逆に、“背中を押してくれる情報”もまた、ネットにはあります。でも、久しくそんなプラスエネルギーをもった情報と出会っていない。それはもう、仕方がないことで。

自分に自信をくれるような都合のいい情報よりも、相手の自信を失わせるような情報が多い、これ仕方ないです。社会って弱肉強食で、なんとか生き残りたいわけで。自然と、足を引っ張る情報のほうが多くなる。

◆ ◆ ◆

ネット上での自己アピール。「他人と自分との違いを感じたい」という思い。で、読み手はその思いを真に受けちゃって、飲まれちゃう。ネット上でアピールする人たちに、突き返されてしまう。

情報にヤラれてしまうのですが、いったいどうしたもんでしょうか。

スマホを捨てるか、ネットを解約するか、いや、そんなの現実的じゃないしなぁ。目をつむっても、耳をふさいでも、いつまでもそうしてはいられないから。どこかで情報の呼吸をしないといけない。

それは食事みたいなもので。ずっと食べないでいる、なんてできない。情報に対して現状できることって、「食べ過ぎると太るよね」「栄養バランスも考えないといけないよね」っていう、「食事に気をつけよう」というような心がけでしょう。

インターネットは背中を押すことより足を引っ張ることのほうが多い、そういう自衛の意識はあったほうがいい。逆に、胸を押されて突き返されてしまう。諸刃の要素。そんなにいいもんじゃない、と最近つくづく思った。



人の足を引っ張るというか、
2ちゃんねるで粘着的にある個人を誹謗中傷する書き込みを
延々続ける人の心理が気になる

おそらく誹謗中傷する事が快楽となっているのだろうとは思う
でも自分は心理学にあかるくないので詳しい人に説明頂けるとありがたいです

14 :没個性化されたレス↓:2013/12/07(土) 06:19:01.58
反権力か復讐でしょ あとは優越感をえるためか

15 :没個性化されたレス↓:2014/01/26(日) 09:54:06.73
自分のいるところに落ちてきて欲しい。
足を引っ張ることで対象が困るとかりそめの優越感に僅かな時間浸れる。
うまいことコントロールしてやった錯覚を得るため。


これを繰り返すほど自身への誇りが失われていく。
しかし、人の足を引っ張る人間はそれを知ってか知らずか
中毒のように繰り返してしまう。
悲しい。

16 :没個性化されたレス↓:2014/01/26(日) 20:31:44.52
元々誇りが無いからそうしたがるんだろう。

17 :没個性化されたレス↓:2014/03/19(水) 07:10:45.04
足を引っ張ってるように思わせて途中諦めるフリするの
"引っ張られても何ともないんだぞ"
っていうのを感じさせて喜ばせるパターン
天狗になってるとこがすっごく可愛い
食べちゃいたい
やりすぎると面白くない人間になって興味が失せるから注意

18 :没個性化されたレス↓:2014/03/26(水) 00:39:34.93
自分が上昇していける人間だと信じられないほど 自尊心を失っているから


なぜ日本人は世界で唯一人の足を引っ張って喜ぶスーパー陰湿キチガイ民族なのか?

自己の取り分を減らしてまで相手の取り分をよけいに減らす行為を「スパイ
ト(いじわる)」行動と名付けました
【中略】
だいぶ後になってからですが,私たちの研究をみたメステルマンたち(Economics Letters,
2001)のグループが,スパイト・ディレンマ実験とほぼ同じ実験を実施し,カナダ人はほと
んどスパイト行為をしない,という結果を公表しました.

ジャッピー

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2015/07/17(金) 07:30:45.39 id:unX2mK7H0
ジャップだから

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2015/07/17(金) 07:31:11.85 id:MZRFMehp0
ジャップランドだからね

5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2015/07/17(金) 07:31:49.35 id:LPhCbaHE0
ここの実験でよく稼がせてもらったわ

6 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2015/07/17(金) 07:31:54.38 ID:+Wu3o+UF0
MMOやってるとそんな感じ

7 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2015/07/17(金) 07:32:09.69 id:injxoIJ10
不幸だから

8 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2015/07/17(金) 07:34:13.51 id:r29D+DJP0
又吉の受賞に対するお前らの反応

9 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2015/07/17(金) 07:34:55.10 id:nufVmqrh0
比較的平和だったから

唯一じゃないぞ父の国中国と兄の国韓国もがいる

それはそう思う

動画のコメントなんかでも動画の趣旨と全然関係無い内容で
顔がキモいだの不細工だのと言って誹謗中傷するようなコメントは
圧倒的にJAPが多い


日本人ってすぐ成功者の足引っ張ったり嫉妬して叩いたりするよな

気質がクズそのものだな

出る杭は折れ曲がって潰れるまで徹底的に叩くのが日本社会のルール

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:29:15.25 id:F9sCDUit0.net
>>2
それな
本当、自分が現状に不満あるからって妬みとか嫌がらせに注力する奴って生きてる価値無いと思うわ

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:29:16.65 ID:2yZVXyCd0.net
ホリエモンとか

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:34:44.53 id:jyzzhWG70.net
>>6
正直可哀想だとは思うけどやっちゃったもんは仕方ないよね

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:30:06.23 id:kqhzcw0r0.net
成功してんだからいいだろ
失敗すれば二度美味しい

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:30:48.17 id:plM4kJdv0.net
保守的だから仕方ない

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:31:05.93 id:F9sCDUit0.net
大体そういう事する奴って、嫉妬でそういう事するから
劣等感とか、現状に対する不満が強い無能なやつなんだよな

そんなアホだから間違った理屈で嫉妬心満たすために叩こうとするし
他人の不幸を大喜びするような根の腐った奴が日本人には多すぎる

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:31:23.25 ID:4rHN6Cgx0.net
東大生とか

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:32:24.72 ID:91KXaxlS0.net
突出しても駄目
右に習えでも駄目
自分勝手に動いてドヤ顔すれば勝ちとかわけわからん

自分の立ち位置と居場所と価値観が変わるのが嫌なんだよ

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:40:44.73 id:F9sCDUit0.net
>>20
くっだらねーわ
じゃあ何か、自分より幸せな奴、優秀な奴が居るって知らなければ幸せだったのか

だったらもう家から出るなよ
自分より良さそうな奴見つけて足引っ張るのが生きがいですみたいなのは社会悪だわ

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:50:51.97 ID:8XyVon150.net
>>25
変化を嫌ってるだけ
今の仕事、生活、趣味に満足しとるから
それを掻き乱すなら優れてる奴も劣ってる奴も叩き潰す
全員が全員横脇をすり抜けて行って
俺の周囲の社会なんてスルーしてくれれば
なんの問題もないんだけど
金を稼がないと食っていけない以上は仕方が無い

京都はわりと昔から俺みたいな思考がデフォルトな感はある
周りもこんな感じでそれはそれでコミュが成立してるんよ

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:39:11.89 id:F9sCDUit0.net
実感ない人は一番幸せだよ
他人に嫉妬して嫌がらせしたりしない正常な感覚を持ってて
それでいて、何か成功した事が原因で嫌がらせをされた事もあまりないって事でしょ?

一番幸せ。でも世の中そうじゃない

自分を磨くことは棚に上げて、そのエネルギーを
妬みからくる嫌がらせに使う奴がたくさんいる


>>23
欲深いんだよ。日本人は欲深いの
それ自体は悪いことじゃないよ。それが成長の原動力なんだから一番大切

だけど、それが敵わなかった時の歪み方に問題が有る
これも島国根性の弊害だろうなあ。狭いが故に比較対象に固執しすぎてしまうんだろう

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:41:17.17 id:wUAgRYxN0.net
悪意のある人間って見た目でわかる
出身、遺伝子で決まる


醜い部分があれば=人間らしいって言われると全然そうではないけどなw
出る杭は打たれると言ってもそれも叩く人の手の届く範囲までの話だからな
手の届かない高さになると途端に阿るようになる
そして阿る人たちの中でまた自分たちが阿るより先に阿った者をまた打つ

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 02:49:52.46 id:xaKHBxLk0.net
田舎者は畜生並みにひどい

確かに外人とか見ると素直で性格いいなぁって思うわ
羨ましい

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 03:18:26.11 id:F9sCDUit0.net
本当にみっともない
出る杭叩くのが日本の風土、当たり前、って考えで思考停止してる奴は一度考えなおして欲しい

それは物凄く浅ましくて、情けない行動なんだよと
罪のない成功者を叩いて足引っ張って不幸にしてやろうっていうのは
貧乏人や敗者が心まで貧乏になってしまった結果、最後にする自爆テロと同じなんだよって知ってほしい

80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 03:22:04.38 id:RLB5ckeT0.net
出る杭叩くのはよく言われるけど
出ぬ杭抜き棄てるのも日本社会の特徴

本当に成功したかったら周囲を黙らせる力を持つまでは貧乏を装ってボロアポートでひっそり耐えるしかない

98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 03:33:07.89 id:KYLC3btX0.net
公務員叩きは正にスレタイ

158: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 04:08:02.08 ID:1xuSf84s0.net
ピラミッドの頂点にいる奴は雲の上の存在だからかそんなことないけど
自分より1層2層上にいる奴らに対してはスレタイみたいなことが半端ないよね

160: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 04:09:38.02 id:F9sCDUit0.net
>>158
アホって目に映る範囲しか知らないで叩くからね
そういうの含めて本当アホだなって思うわ

165: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 04:11:49.39 id:Qk685ogc0.net
これって今後は、改善どころか絶対に激しく悪化していくと思う
というか、すでにそうなってきてるの感じる
労力は一切払うつもりはないけど自分のポジションは守りたいっていう、ゆとりの特徴と相性抜群だから

169: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 04:12:25.94 id:Qk685ogc0.net
>>165は間違ってたかも
「叩くことすら面倒だからしたくない」って世代が台頭してきてるから

196: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 04:37:16.40 id:ZuSS7ueN0.net
登ってこようとする奴を上から蹴落とす奴ばっかなんだが

198: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 04:38:14.96 id:F9sCDUit0.net
>>196
伸びそうな奴は上から引っ張ってやるべきだし
登ってきてる奴は下からも押し上げてやるのが美徳であるべきだよな普通

203: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 04:42:17.68 id:ZuSS7ueN0.net
>>198
それが理想だよな
足引っ張った方が利益が大きいからそうするんだろうけど純粋にむかつくわ


人の上に立つためにはどうしても誰かを踏み潰して上がっていかないといけないからね
日本人である以上足の引っ張り合いを強いられている


色んなサイトを見てきたけど、嫉妬で叩くのはオタクが多いな。

mixiフェイスブックみたいなリア充の溜まり場では成功者を賞賛したり、
その成功者がネットやってたら友達になろうとする方向に力を使う。

でもオタクはネチネチと叩くだけ。
その結果が見事に外観に表れてると思うわ。

リア充は自分より美男美女を賞賛して手本にして、
洋服を選んだり体を鍛えたりしている。
オタクは美男美女を叩いて終了。
そういう思想の結果がリア充でありオタクである。

自分のためにも成功者を叩く前に研究する癖を持った方がいいよ。



伊勢谷友介 Twitterで怒りあらわ

伊勢谷友介Twitter上で爆発 「ネット社会の、弱者の暴力だ。」

俳優の伊勢谷友介ネット右翼を批判 「社会の足を引っ張る存在。自分を正義と勘違いしている」

俳優の伊勢谷友介が、インターネット上での誹謗中傷に怒りをあらわにした。

16日に伊勢谷は「誰かを誹謗中傷したりする事で、自分がネット右翼となっている事を気がつかない人が多い。ネット右翼が社会の足を引っ張る存在になるのだが、自意識がなければ、自分を正義と勘違いしている奴がいる。元を正せば、昔からそんな雑誌も沢山ある。目的の中に生きなければ、自己判断も出来なくなる」という文章をツイッターで投稿した。

現在、該当のツイートは削除されているものの、この投稿に一部ツイッターユーザーが激しく反応、「私、自称ネトウヨネット右翼天皇陛下万歳!ネット右翼のどこが悪い。文句アッカ」「高杉晋作を演じといてよく言いますね。好感持ってましたが失望しました。あなたは現代の志士を敵に回したという事は言っておきます」「すいません。煽りもいいんですが、まず伊勢谷さんのネット右翼の定義を教えてください」といった言葉を伊勢谷に返信している。

誹謗中傷の為にツイッターアカウントを作る者も現れた模様で、伊勢谷は「新たにアカウントを作り、攻撃してアカウントを捨てるやつが居る。これこそだよ。思い当たる奴は腹が立つだろうけど、それは誰の得にもならず、むしろ他人をやな気持ちにさせている事を。気が付いたら辞めたらいいんだ」と忠告。伊勢谷は以前から、ツイッター上でのやりとりに怒りを抱えていた様子で、匿名で好きな事を呟く者は相手にしない、かまって欲しくて呟く者はブロックするとも宣言している。

なぜ伊勢谷が「ネット右翼」という単語を用いたかは定かでは無いが、自身のFacebookページでも「最近、私はツィッターにおいて、爆発した」「ネット社会の、弱者の暴力だ」「弱者は守られて当然であり、そのうちに守ってくれないことを悪とし、攻撃し出す。そして本人が気がつかないままに、ネット右翼となって行くのだ」といった言葉で、より詳しく「ネット右翼」への批判を綴っている。


ガラパゴス化している日本の奴隷的な労働環境と保守的な社会構造に適応できずに海外脱出したニートが海外視点で綴るブログ

ネットの足を引っ張る声に惑わされず、自分の直感を信じて貫こう


これは本当にその通りであると思う。

他人の人生を生きていたり、世間の価値観の惑わされていたりする。それで自分を見失っている、そんな人はネット上には非常に多そうだ。

他人の人生を生きるって?

「他人の人生を生きる」とは、自分のことすら満足にできていない(自分の人生に充足感・幸福感を感じていない)のに、他人のことをとやかく言う人のことではないかと思う。ネットを見ていると、自分と関係がないところでも他人の言動にいちいちケチをつけたり、足を引っ張ろうとしたりする人がごまんといることに気付くのではないか。

他人に意見を言うにしても、それが建設的であったり、背中を押したり、切磋琢磨し合ったりするのであれば別にOKだ。しかし、現実は揚げ足取り、あら探し、足の引っ張り合いが多数を占めている。(実際は少数でも、そういう声が目立ってしまうのがネットの特徴)

以前に、あるブログ記事のはてブで、その記事に対する否定的なコメントであふれかえり、そういうコメントに大量のスター(同意票)が付けられていたというケースを目にした。

ネット村の毒気はスルーしてOK

ネット村の悲観論者たちにありがちな例をいくつか挙げてみよう。

海外脱出を例にとると:
「日本でダメな奴が海外で通用するわけがない」「海外は危険だぞ」「海外に行って何が変わるって言うの」「家族や祖国を捨てるのか」…etc

地方移住を例にとると:
「そもそも地方は仕事ないだろ」「田舎は排他的で溶け込むのは難しい」「地方移住に成功したのは一部だけで聞くのは失敗談ばかり」…etc

結婚を例にとると:
「人生の墓場だよ」「3人に1人は離婚して、既婚者の2人に1人は関係が破綻しているんだよ」「私の知人にさぁ、…」…etc

正論である部分もあるだろう。しかし、海外・地方移住だろうが、結婚だろうが、一流大学進学だろうが何かしらの問題点や突っ込みどころはある。批判しようと思えばどんなことでも批判できる。

ネットの悲観論者たちの足を引っ張る手ネットに巣くう匿名の悲観論者たちは、問題点ばかりを声高にあげつらい、あなたの足を引っ張ろうとする。一部にしか当てはまらないことでも、もっともらしい理屈や統計データを持ち出して、足を引っ張ろうと躍起になる。(ネット住人にとっては、それが生きがいなのだろうなぁ)

※足を引っ張る理由は僻みであろう。彼らは、今の彼らの人生に満足していないから、充実した人生を送っている人や、前に進もうとする人が許せないのではないか。

そういった声はノイズとして完全にスルーしよう。あなたは、ネットに渦巻く匿名の足を引っ張る声に惑わされて自分の信念を曲げてしまうほど弱くはないはず。

100のやらない理由ではなく、1のやる理由を見つけよう

やらない理由ではなく、やる理由を見つけよう。やる理由が見つかったら、行動に取りかかろう。もうすぐ年が明けるけど、新年を待たずに今すぐ始めよう。

仮に「10人に1人しか上手くいっていない」というデータがあるのなら、あなたが10人の中の1人になればいいだけではないか。大切なことは、悲観論者たちの声に惑わされず、自分の信念を貫くことである。(もちろん闇雲にするのではなく、緻密な分析・計画は立てることは重要)

SNSでみんなやってるし、みんないいよって言っているから(本当は気が進まないけど)私もやる」「ネットで反対論・悲観論が多いから(本当はやりたいけど)やっぱり辞める」

最後に、もう一度。

あなたが本当に何をしたいのか、どういう人生を送りたいのかは、あなた自身がよく知っているはずです。自分の直感を信じ、それを突き通す勇気を持ってください。


17.人とのつきあい方
(2)悪友は貧乏神
A・スマナサーラ長老
 前回は、どうしてもエゴイストになってしまう認識システムの中に我々が閉じこめられていることについて、お話ししました。

 生命の生きる衝動は「楽しみたい」ということです。人は、何を考えても、何をしても、『自分が楽しいか、楽しくないか』という尺度で判断して生きています。〈楽しみという感情が生まれると思えばやる、そうでなければやらない〉という単純な構造なのです。そこからも、我々がどうしても自己中心的になってしまうのは避けらない、ということがわかると思います。

 一見、多くの人々はエゴイストではないように見えます。それは、他人から「あなたはエゴイストだ」と非難されないように、自分のエゴを隠そうとしているからです。本心から他人のためを思って、おとなしくしているわけではありません。他人とぶつかるのを避けるために、嫌なことがあってもガマンしたり、欲しくても遠慮したり、自分の気持ちに逆らっても他人に行動を合わせたりして、なんとか協調的に生きているだけなのです。

■「だってそうでしょう」の世界■
 前回お話しした生命の認識システムによって、私たちは自分が認識したことを当然のように「正しい」と思ってしまいます。それは「正しい」というよりも、「だってそうでしょう」という感じに近いのですね。 例は何でもいいのですが、たとえばメガネケースを見ると「メガネケースだ」と自動的に思うでしょう?そこには「だってそうでしょう、これはメガネのケースじゃないですか」というニュアンスがあります。メガネケースに薬を入れて使用しようとする人がいると、その人を叱ったりします。

 その「だってそうでしょう」という気持ちを、パーリ語でmannana(マンニャナー)といいます。この言葉は時々〈思う〉と訳されていますが、実際は〈思う〉以前のことで、〈感じる〉ということでもないし、〈感じる〉と〈思う〉の中間に位置する言葉なのです。何を見ても我々には「だってそうでしょう」という気持ちが常にあるのです。

 そこでお釈迦さまは、エゴをなくした悟りの立場から、次のようにおっしゃるのです。

『この人々を見よ。エゴが出て、私のもの、私の意見、私の考え方、などの主観で苦しんでいる。「私」「私」というエゴのせいで非常に揺れている。誰も精神的に安定していない。水が枯れかけた川で魚たちが苦しむように、ひどく苦しんでもがいている。

 世の中の諍い、喧嘩、戦争などが、「好き」という一言から生まれる。嘆き、悲しみ、憂いがそこについてくる。慢心、噂話、物惜しみ、論争や対立など、すべてがエゴから生まれてくる』と。

 私たちは〈エゴ〉という小さな世界に閉じこめられて、頭の中には厖大な概念が溜まっています。私はこう思う、こう考える、私の好きなものはこれ、嫌いなものはこれ、と苦しんでいます。
 〈エゴ〉という物ものの怪けが、スムーズな人間関係を壊すのです。

■八方美人で災難を呼ぶ■
 では、そういう世の中でどのように生きればいいかということについて考えてみましょう。

 「人間が幸せになるためにはどうすればいいですか」という問いに対するお釈迦さまの答えが載っている経典があります。そこは『愚か者とつきあうな』という言葉からはじまっているのですね。(Suttanipata 259)

 「愚か者」はパーリ語でバーラ(bala)といいます。バーラは「年下の者」という意味なのですが、仏教でいう年上・年下、目上・目下は、年齢によって決まるのではないのです。性格が良いかどうか、善悪の判断ができる人かどうか、ということで決めるのです。人格が優れた智慧のある人は、たとえ七歳であろうとも、年上なのです。

 人間は必ず他人から影響を受けます。誰とつきあうべきかということには、よく気をつけなければいけません。誰とでもつきあって片っ端から影響を受けて途方に暮れるのではなく、友人をしっかりと選ぶべきです。悪い友人とはつきあわないようにします。

 人間というのは他人の真似をして育つものなのです。私たちは物心がついてから死ぬまで人とつきあっています。ずっと他人の影響を受けているのです。ですから、自分の環境、周りの社会を、いつでも善い人間に囲まれるようにしておくと、幸せになれるのです。

 「誰とでも仲良くする」というのは、ちょっと無理な話なのです。理想主義っぽくて、実行は難しいのです。「誰とでもニコニコと仲良くしないといけない」とがんばりすぎると、つい気持ちが悪くなって落ち込んだりしてしまうでしょう。人と仲良くするためにもかなりの力がいります。人間にはそれほど能力があるわけではないのです。

 私たちに与えられている時間は限られています。一日は24時間しかありません。その中で人とつきあう時間はまた限られてしまうでしょうし、やはりどうしても、できるだけ人を選んでつきあうことになるのです。自分の身内として仲良くする人々としては善友を選ぶ。そうすると楽に生きていられます。

■二種の悪友■
 悪い友達というのは、二つの立場で考えることができます。

 一つ目は世俗的な悪友。いわゆる不親切な友人、自分に損を与える友人ですね。影で悪口を言ったり、よけいなことをして足を引っ張ったりするような、つきあいにくい人々です。その場合は自分でも「イヤだな」と思うでしょうから、結局は、自然と離れることになるでしょう。そういう人々とは、できるだけ気をつけてつきあうか、全くつきあわないようにするか、そのどちらかなんですね。

 仏教でいう「悪友」というのは、少し違います。仏教で「悪い友達」というのは、道徳的に自分にダメージを与える人々なのです。心から親切に優しくしてくれる人であっても、悪い方向へ、罪の方向へと自分を誘惑する友達は悪友です。

 わかりやすいたとえでいうと、ある友人があなたに麻薬を勧めて、麻薬を吸う仲間に入れようとする。そして、「もしもバレたら自分が罪をかぶってかばってあげるよ」と本気で言ってくれたとします。世間では悪いことがバレたら相手に罪をかぶせるのが普通なのに、「私があなたの罪もかぶってあげるよ」と言ってくれる。でも、そこまで言う人であろうとも、勧めるのが麻薬だったら、もうごめん、と。「あなたと仲良くすると、私は必ず悪くなるんだ」と、つきあわないことにするのです。

■悪友は罪への案内人■
 人間というのは、やはり罪を犯さないで、善行為をして生きていかないといけないのです。罪を犯して堕落してしまうと、もうどうにもならない。確実に不幸になるのです。

 いくらかお金を損したからといって、不幸にはなりません。仕事を首になったとしても、それくらいのことはなんでもない。他の仕事を捜せばいいのです。本当に不幸になるのは罪を犯した時なのです。罪を犯してしまうと、いくらお金があっても役に立ちません。悪いことをすると悪い結果を得るというのは、確かな事実です。

 ですから「人は罪を犯してはいけない」ということは、仏教では、はっきりしています。善行為をする人は、社会から認められても認められなくても、しっかりと堂々と生きていられるということも、はっきりしているのです。

 経典には、酒を勧める人、賭事かけごとを勧める人、夜遊びを勧める人、殺生や盗みなどの不善行為を勧める人、これらの四種類の人々が悪友だと書いてあります。そういう人々は友達ではないんだ、と。そういう人々とつきあうと、暴力を振るう人間になったり、アル中や麻薬中毒になったり、悪事をはたらく人になったり、ずるい人間になったり、詐欺師さぎしのような人間になったり、ろくな結果にならないのだというのです。

■嫌な人でも善友かも■
 いくら好きな人であっても、自分を悪い方向に引っ張ろう引っ張ろうとするならば、「この人は友人ではない」とカットした方がいいのです。

 〈嫌いな人〉と〈悪友〉というのは別です。自分が嫌いだと思う人が〈悪友〉だとは限りません。また自分が気に入っているからといって〈善友〉とも言えないのです。悪友は、意外と、よく気に入っている人に多いのです。ですから、皆、いとも簡単に悪友たちの仲間に入ってしまうのです。

 「親のことは嫌い」「先生は嫌い」と言っている人も少なくありません。しかし両親や先生などは、自分のことを本気で心配してくれる善友なのです。善友と悪友を区別する時には、決して感情的な好き嫌いを規準にしてはいけません。人のことを気に入ったり嫌になったりするのは、ただの感情です。理性に基づいた結論ではないのです。感情なのだから、嫌いな人を好きになることも、好きな人を嫌いになることも、できることではないと思います。 友達を選ぶときには「好きか、嫌いか」という主観的な感情は、そのまま置いておいた方がいいのです。「その人と仲良くするべきだろうか、つきあうべきだろうか」と、理性に基づいて判断するべきだと思います。そうすると、「好きな人だが、つきあいはしません」「嫌いな人だけれども、色々と教えてくれたり導いたりしてくれるので、しっかりとつきあいます」と決められるのです。自分の感情を無理に殺すよりは、この方が実行しやすいのです。

 気に入らない人と仲良くするとストレスがたまって苦しくなるのではないか、と思われるかもしれません。その心配は無用です。理性的な判断で行動すると、ストレスはたまらないのです。また、善い友人とつきあっていると、相手が自分のことを真に心配してくれるという実感が生まれてくるので、嫌な気持ちは跡形もなく消えてしまうはずです。 短い人生を、感情に振り回されて悪友とつきあう羽目に陥って不幸になることは、よくないのです。たとえ好きな人であろうとも、その人が悪に誘惑するならば、罪を犯させようとするならば、気をつけた方がいい…というより、縁を切った方がいいのですね。

 それは、気に入って今までつきあっていた人々と喧嘩をしろということではありません。知恵を絞ればなんとかなるのです。どうしても社会的な立場上つきあわなくてはならない状態にいるならば、きちんとわきまえてつきあうことです。精神的に影響を受けないようにすればいいのです。「社会的な立場では知人だが、心の善友とは違う」と決めるのです。それは自分のプライバシーをきちんと守るということです。心の清らかさ、心の平安こそ、守るべき自分のプライバシーなのです。

 仏教を理解すると、しっかりと生きていられる技が身につきます。自分の身をちゃんと守ることができます。つい悪に誘惑されてしまうのは、自分の中にきちんとした理性を持っていないからです。正しい理性を持っているならば、そう簡単には誘惑されません。

 それは頑固さではないのです。理性的に生きることです。優柔不断ではない、ということです。仏教的にいえば、「因果関係を理解して智恵に基づいて生きる」ということなのです。