読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

日本の社会的拒絶は世界最悪


スポンサーリンク

社会的拒絶

近年、 社会心理学の分野において丶 社会的拒絶が人間の心理過程に及ぼす影響に大きな注. 目が集められている

ある研究で、被験者の学生グループの顔を合わせ、誰と一緒に働きたいかを紙に書いてもらいました。研究者は、実際に誰が誰を選んだかということは無視して、何人かの被験者には「あなたは選ばれました」と伝え、それ以外の被験者には「誰もあなたを選ばなかった」と伝えました。当然ながら、誰からも選ばれなかった人たちは落ち込み、そのことが彼らの行動を以下のように変えました

なぜこのような事になったのか?
そもそも仕事=自制心を必要とする行為であると。
で、自制心を使う行動は、向社会的(他人を助けることや、他人に対して積極的な態度を示す状態)になることが求められるので、自分の行動を制限するには、ある程度の報酬を期待するものであると。

そして、社会的な報酬が得られないということがわかるなら、その自制心を使う行動をするモチベーションはなくなると。
そういうことなんですね。
他の研究でも、誰からも求められていない、もしくは仲間外れにされていると感じている時は、パズルがうまく解けなかったり、協調性に欠けるようになったり、仕事に対するやる気がなくなったりしていました。結果、飲酒や喫煙といった、自己破壊的な行動を取る傾向にあったそうです。

社会的に拒絶された場合は、落ち込んで何もしたくなくなりますが、問題と向き合わなければなりません。おそらく、相手が拒絶したくなるようなことを何かやっているのでしょう。もしくは、嫌な人たちと付き合っているだけかもしれません。あなたを拒絶した人と話して、原因を突き止めましょう。自分に原因があるならそれを正す方法を探し、相手に原因があるなら何とか対処してみましょう。問題が解決できなかった場合は、常に社会的に拒絶されているのは健康に良くないので、環境を変えることも考えた方がいいかもしれません。

たしかに「社会的ひきこもり」状態のかなりの部分に該当するものといえるでしょう。ただし、重なる部分が大きい ... 川批判、否認、または拒絶に対する恐怖のために、重要な対人接触のある職業的活動を避ける。


ふられた人は、心のダメージに加えて身体で苦痛を感じるという。最新の脳活動研究によると、言葉も人に物理的な痛みを与えるらしい。 社会的な拒絶状況が苦痛の意味を処理する脳領域ネットワークと関係する可能性は、既に実験で指摘されている。しかし、肉体的な感覚経験との具体的なつながりを示した例はまだない。

 研究チームの一員でアメリカ、ニューヨーク市にあるコロンビア大学の心理学者エドワード・スミス氏は、「実生活で失恋した人の脳をMRI(核磁気共鳴画像法)でスキャンしたら、苦痛感情と関係する脳領域の活動が活発化していた」と話す。

 スミス氏の研究チームは被験者を集めるため、マンハッタン一帯でチラシを展開した。また、「Facebook」や地域情報サイト「Craigslist」の広告を通じて告知を行い、40名の協力を得た。参加者はすべて過去6カ月以内に、不本意な恋愛関係の破局を経験している。

 研究チームは被験者の別れた恋人の写真を用意し、MRI装置で検査中に眺めて失恋時を思い出すように求めた。すると、二次体性感覚皮質と背側後部島皮質という肉体的苦痛をつかさどる脳領域が活発化することがわかった。

 スミス氏はこう話す。「拒絶体験者と未体験者を比較したわけではない。しかも研究室外の過去の行動はコントロールできないので、信頼性には問題が残る。また、失恋した人たちの間に特殊なパターンが確認されたが、別の原因によって引き起こされた可能性は常に存在する」。

 それでも、研究結果は特筆すべきものだという。「恐怖、不安、怒り、悲しみなど、さまざまな否定的な感情を対象に150回の脳スキャン実験を行ってきた。しかし、どの感情的な苦痛経験も、“望まない失恋”と同じようなパターンで肉体感覚をつかさどる脳領域を活発化させることはなかった。やはり想い人からの“拒絶”には、特別な影響力があるのだろう」。