読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

売国奴は自民党右派と石原慎太郎、日本崩壊の陰


スポンサーリンク

水資源を狙うロスチャイルドと結託する石原一族

日本の水・食料を支配する、軍事戦略が世界規模で動き始めている。

TPPは、その出発点となる。

日本の豊かな水資源を狙う、水企業と、自民党・石原一族との結託。

ロスチャイルドに、日本を売国する、石原東京都知事の一族」


革命家 物部天霊 公式Blog まほろば塾 イルミナティの洗脳奴隷支配から自主独立せよ! ロスチャイルド ロックフェラーの手先!売国奴集団 朝鮮系田布施システムを無力化せよ!
日本を日本人の手に取り戻せ!植民地支配から速やかに独立せよ! NWOによる家畜的羊人間Matrixからの脱出  1%の腐敗した権力者達による奴隷支配からの人類解放戦線! 真の自由を求めて!闇の者達 ブラックイルミナティ悪魔の13血流 ロスチャイルド家 偽ユダヤカザールマフィア ロックフェラー家 ブッシュ家、イギリス王室ウィンザー家 黒い貴族etc  シオニストナチ 悪魔狂団イエズス会 テンプル騎士団マルタ騎士団 コロンブス騎士団 似非カルト狂団バチカン ローマ法王 寄生虫のような生態の金融詐欺師 国際銀行家+軍産複合体の下僕  ダメリカ軍、NATO大量虐殺実行部隊、  悪魔の手下 日本に寄生してきた売国田布施システム、奴等の下僕の悪徳政治家 売国官僚 財務省 CIAの犬東京地検特捜部 地球の権力構造の解明 奴等の狂った計画、悪企みを全て解明し白日の下に晒せ! NWOによる富の略奪 洗脳奴隷支配から脱出せよ! 日本の不幸の元凶 ウィンザー家 ロスチャイルド家 ロックフェラー家の手先 朝鮮系田布施売国システム支配を無力化せよ!


1995年(平成7年)4月、石原慎太郎は突然衆議院議員辞職を表明した。地元の後援会にも知らされず、全く唐突であった。日本の政治に失望した という趣旨の意見を残しているが、とってつけたような感じである。なぜ唐突にやめるのか、全くその説明としては不十分であった。

 しかし、彼は議員辞職をせざるを得ない、大きな事情を抱えていた。

 オウム真理教は、1984年(昭和59年)2月に任意団体「オウム神仙の会」として設立された。その後、1989年(平成元年)8月に、東京都から「宗教法人オウム真理教」の認定を得ている。東京都は頑なに認定を拒否し続けていたのにもかかわらずである。

 一方、石原裕次郎は1978年(昭和53年)、舌ガンのため慶應病院に最初の入院をする。翌年東大病院に転院して再び手術を受ける。ここで病魔 を克服したかと思ったが、1981年(昭和56年)、解離性大動脈瘤で再び慶應病院に運ばれる。生還率3%、6時間33分の大手術に耐える。しかし、その 後も1984年(昭和59年)に肝細胞ガンで、1985年(昭和60年)に胆内単胆菅炎でと毎年慶應病院に入退院を繰り返し、1987年(昭和62年)7 月17日に永眠。

 オウム真理教石原裕次郎になんの関係があるのかと思われるであろう。キーワードは「慶應病院」である。1981年に解離性大動脈瘤で入院したときの執刀医がだれであったか、そこに鍵がある。この大手術の執刀を行ったのは、心臓外科医としての林郁夫だった。

 1987年に石原裕次郎が亡くなった2年後、オウム真理教宗教法人になっている。頑なに宗教法人認定を拒否されていたオウム真理教としては、 好き勝手なことをするためにはなんとしても宗教法人の認定を受けたかった。林郁夫から1988年に運輸大臣であった石原慎太郎に、状況打開の依頼がいった ことは想像に難くない。実際、石原慎太郎運輸大臣の肩書きを背景に東京都にプレッシャーをかけ、オウム真理教はまんまと宗教法人に成りおおせている。

 石原慎太郎が議員辞職を表明した直前の1995年3月20日、地下鉄サリン事件が起きる。宗教法人を隠れ蓑にしなかったら、このようなとんでも ないテロをオウム真理教は起こせたであろうか。当時、政権は村山富市首相であり、自民党は戦後もっとも弱体化していた不安定な時期であった。阪神淡路大震 災の不手際で政府は批判を受け、そして地下鉄サリン事件である。その原因を作った人物が元閣僚経験者で衆議院の赤い絨毯の上で踏ん反り返っていることが衆 人の知れるところとなったら、自民党はひっくり返ってしまう。表面的には強がりを言っていたが、詰め腹を切らされたことは、想像に難くない。

 その時の思いつきと自分の人気がどうやったら出るかしか考えられず、自分の言動がどのような影響を与えるか想像できない。そして、本書を読めば わかるが、本当に節操がない。政治家として最も不適切な人物と言わざるを得ない。そして、オウム真理教に対するものも、きちんと責任を取っていない。もっ とも、へたに取ればとんでもないことになってしまうが。

 そんな人物が東京都知事として君臨しているのである。東京に住んでいれば実感するが、この4年間で確実で東京は住みにくくなった。それは、不況 のせいではない。福祉の切り捨てをやっているのである。節操もなく弱者への思いやりもく気も小さい、そんな人物をあなたはさらに4年、都知事として仰ぎた いか。


オウム事件によって一時的に失墜した、

多くの罪な政治家は、その後、権力の座に復帰した。

今の首相、安◯晋三もその1人である。

>安◯晋三の他に、陰謀家の頭目は、極右で元東京都知事石原慎太郎




イスラム国が示す、22世紀の新世界

イスラム国の動きは、

22世紀の中東世界を、「先取り」している。


ロシア通貨の、暴落

ロシア通貨の、暴落が止まらない。

日本への、その深刻な影響。


安倍首相の祖父=岸信介は、中国大陸で麻薬密売に従事していた

政治家・安倍晋三首相を生み出した、

祖父の岸信介は、中国大陸で麻薬密売に従事し、富を形成した。

その富を、2016年現在、安倍首相は、どのように使っているのか。


アメリカの警察によって、「絞殺」された「ロス疑惑」の三浦和義

1981年、妻がロサンゼルスにおいて何者かに銃撃され殺害され、保険金目的殺人を疑われた、

ロス疑惑」の三浦和義は、

なぜアメリカの警察によって、「絞殺」されたのか。


検察が、陰で行っている、ダーティな金モウケ

「正義の味方」検察が、

陰で行っている、ダーティな金モウケ。

「日本の検察組織が運営する、ギャンブル投機・団体」


アメリカ大統領、副大統領となる人物達の「インチキ」

 アメリカ大統領選挙が、「華々しく」行われている。

 1986年、コロンビアのカニョリモン油田開発で、原油を吸い出し易くするために油田に水を注入する際、地下水の水脈に原油を流入させ、地域住民の飲料水を汚染、環境破壊を行い、住民に被害者が出、問題化されるまで放置したオクシデンタル石油は、98年、警察当局に摘発され、現地の責任者が逮捕・起訴され有罪判決を受けている。

12年間も、環境汚染を「放置した」のである。

このオクシデンタル石油は、クリントン政権の副大統領アル・ゴアの経営企業であった。

環境保護に貢献し、ノーベル賞を受賞したアル・ゴア

ゴアは地球の環境問題について「お説教」する前に、自分が行った地下水・飲料水の汚染を浄化する方が先である。

自分が行った環境破壊を警察に摘発されるまで隠し、逮捕者を出したゴアが、地球環境について「語る資格」があるとは考えられない。

ここに、ノーベル賞の「インチキ」が良く出ている。

火薬を開発し、世界中に戦争という「災い」をもたらし続けているノーベルに、平和について語り、賞を与える資格があるとは思えない。

アメリカ大統領、副大統領となる人物達の「インチキ」が、ここには良く出ている。


「IS・イスラム国が、日本経済を破壊する日」

甘利明・経済再生大臣が、大臣辞任に追い込まれた理由」


日本政府の行う、情報操作

首相官邸は、

どのようにして、マスコミを操作しているのか。


安倍政権の、税制「改革」の、

欠点=問題点。


遠い中東の世界の話ではなくなってきている、IS・イスラム

IS・イスラム国が、日本をターゲットに動き出している。

「IS・イスラム国が、日本を破壊する日」


日本政府の住宅政策の、失敗

本当は、日本人全員が貧乏であれば良いと、考える、

日本政府の、本音。


中国、ブラジル等、失速する新興経済国の行方

中国、ブラジル等、新興経済国が失速し始めた、

本当の理由。

「世界経済の法則=中国、インド、ブラジル・・・新興国経済が現れては消えて行く、本当の理由」