二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

価値観を変える名言集


スポンサーリンク

1000万円で人生が変わると思っていないか
Gyao!で「逆境無頼カイジ」がまたもや配信されていますが、内容がFXに通じる感じもするので私はよく見ています。内容が重いので万人向けはしませんが、見ていると負け組は一発当てないと負け組人生を歩んでいくだけなのかなと思ってしまいます。

さて、このアニメでは大金が良く出てきます。1000万とか2000万とかいう金額です。そういった大金を賭けて勝負に挑んでいくわけですが、その1000万円というお金を手に入れたところでそんなに大きく人生が変わるものでしょうか?


確かに1000万円は大金です。10年20年と働き続けてもそれだけの金額を手にすることができるかは疑問なところです。しかしその金額で人生が変わるかというと、正直足りない気がします。

たとえば実際に1000万円を手にしたとしてどうするでしょうか。何か買いますか? 預金しますか? FXで勝負出るというのもいいかもしれませんね(笑)。もしも何かを購入するとすれば、1000万円という資金はすぐになくなると思いますので、できれば後の人生が良くなるもの、住宅が一番だと思います。

そして預金する場合、この場合は預金した額をいつ使うのでしょうか。使う予定があるのなればそれでよいですが、使う予定がないのに預金しているだけならば人生が変わるような経験は一切ないでしょう。

また少しづつ使っていくという方法を取るとします。この場合は40年で1000万円使い切るとすると、月あたり2万円ほどです。せいぜい生活が楽になるぐらいにしかなりません。これでは人生は変わらないでしょう。


こうして考えると1000万円という金額は大金ではありますが、人生を変えるほどの大金ではないことに気付くと思います。そもそも人間の生涯賃金というのは、私のような低学歴のものでも高校卒業時からきちんと働き続ければ1億円程度にはなるそうです。大学でのサラリーマンは3億らしいですから、その3分の1ですが、それでもまぁ十分ではないでしょうか。

1000万円という額はその低学歴の生涯賃金の10%ほどにしかなりません。これで人生が変わることはないでしょう。つまり1000万円を手にしても人生が変わるほどの経験ではないのです。最大でもせいぜい金銭的に10%良くなるだけです。


1000万円は大金ですよ。それは間違いありません。でもそれを手にしても人生が変わるほどの経験はできない、ということです。そもそも1000万円をポンと手にする機会なんて全くないと思いますが、手に入れても人生は変わりません。

では人生を変える金額はいくらかというと、私の考えでは1億円です。1億円あればひと月20万円として、41年暮らせます。しかも預金から引き出していくのであれば一部の税金がかかりませんから(所得でないため)、月20万円でもそこそこの暮らしはできることでしょう。これならば確実に人生が変わると思います。働かなくても生きていけるわけですからね。

実際はもう少し低くてもよいかもしれませんが、少なくとも1000万円という大金でも自分の人生は変わることはないということは分かってもらえたと思います。

少し話が変わりますが、私の知人に3000万円ほどの資産を持っている方がいます。ではその方はそれだけのお金で素晴らしい人生を送っているかというと・・・全くもって普通です。むしろ節約に次ぐ節約でかなり厳しい生活をされているようです。大金があっても人生が変わらないいい例でしょう。


あれ、なんでこんな記事を書いているのでしょうか。これってFXには関係ないような(笑)。まぁお金に関する勉強ということで、1000万円という大金の軽さを分かってもらえたと思います。

現金預金で1億円持っていても富裕層扱いのようです。

金融資産1億円超の富裕層へは「ほんのちょっとのキッカケ」でなることが多い

野村総合研究所」では以下のように定義している。

超富裕層:個人の純金融資産5億円以上
富裕層:個人の金融資産1億円以上5億円未満
準富裕層:個人の金融資産5,000万円以上1億円未満
アッパーマス層:個人の金融資産3,000万円以上5,000万円未満
マス層:個人の金融資産3,000万円未満


おまえの毎日って今……ゴミって感じだろ?無気力で自堕落で非生産的
賭博黙示録カイジ 1巻
一体「何」を「いつまで」待つつもりだ…?こんな薄汚いアパートで…貧しいバイトをして…半ば眠ったような意識で鬱々と「待つ」…?そういうのを無為っていうんだっ…!
賭博黙示録カイジ 5巻
若者は掴みにいかなきゃダメだ…!
賭博黙示録カイジ 5巻

リスクを恐れ 動かないなんていうのは 年金と預金がたよりの老人のすることだぜ
バスケットボールのゴールは適当な高さにあるから みんなシュートの練習をするんだぜ あれが百メートル先にあってみろ 誰もボールを投げようともしねえ
さっきオレがクルーズにねじこむ例の嘘電してた時 あの時・・・・・・あいつたぶんオレのこと 「いい人」だと思ったと思うんだよククク・・・ ああいうバカがいるからヤクザは喰いっぱぐれねぇんだ


なんでも応用だよな 人生は

目を覚ましてねえのはおまえなんだよ

オレがおまえを星のもとへ連れてゆく ただ そこから先星をつかむか否かは 各個人の力

本意じゃねえんだ オレだって 家族で罵り合う様を オレはもう見たかねぇ

主催者のあくどさを呪うのも、今はやめとけ 今はただ自分が勝つことだけを考えりゃあいい 今日のギャンブルは負けられない 一生に一度 なんとしても勝たなきゃならねえギャンブルじゃねえか

ふざけるな 甘くねえぞ 勝負は そんな机上の理論通り、事が運ぶと思ってんのか 不測の事態は常に起こりうる 一つ何かが噛み合わなきゃ それで破綻

勝てば1千万2千万入ると言ってるのにおまえはそっちには関心を示さない 負け癖が染み付いている証拠このクルーズはそんなおまえの負け癖を一掃する良いチャンスだ 

動き出そう 賽は投げられた やるだけだ もう

甘い話に浮かれるなっ 待てっ おまえにふさわしい本当のチャンスが あと少しでかならず来る かならず来るから待つんだ その時まで /ククク ふざけたことを 来るか そんなもの 無責任になんの確証もなくよく言うぜ なんだその「待つ」っていうのは 一体「何」を「いつまで」待つつもりだ(カイジ/遠藤)

この手はなんの為についている? リスクを恐れ動かないなんて言うのは 年金と預金が頼りの老人のすることだぜ 年老いた者にとってその手はこれまでの人生で築いた「何か」を守る手 つまり 話さないための手だ しかし 持たざる者 若者がそれじゃ話にならない 若者は掴みにいかなきゃダメだっ 出なきゃ道は開けないっ

おまえの毎日って今ゴミって感じだろ? 無気力で自堕落で非生産>どうしておまえが今そうなのかわかるか?>金を掴んでないからだ>金を掴んでないから毎日がリアルじゃねえんだよ頭にカスミがかかってんだ

勝てっカイジ 勝って大金を掴め!人生を変えろっ!

毎日いろいろな物を「見」はするだろうが全部ショーウィンドーの向こう側だ おまえには届かない その買えないストレスがおまえから覇気を吸い取る真っ直ぐな気持ちを殺していく

「明日から頑張ろう」という発想からは どんな芽も吹きはしない・明日から頑張るんじゃない 今日 今日だけがんばるんだっ 今日をがんばったもの 今日をがんばり始めた者にのみ 明日が来るんだよ


このサイはあくまでここ一番 ごく時々しか使わん となれば 気が付きゃせん もともとこんなことは奴らの想像の外

その禁欲ってのが実に良くないんだ ・ 心はゴム毬だよ 押さえつけられれば 必ずはねかえそうとする 

世の中は利用する側とされる側 その2種類しかいないのだ 問題はその当たり前に いつ気がつくかだ

贅沢ってやつはさ 小出しはダメなんだ やる時は きっちりやった方がいい それでこそ 次の節制の励みになるってもんさ

考えることはいっしょだ わしも最初はそうだった となりゃあこんなとこで使っちゃあいられねぇよな 気持ちはわかるよ けど 無理はいけねぇ 無理は続かない 自分を適度に許すことが 長続きのコツさ


おまえらの甘え その最たるは 今口々にがなりたてたその質問だ 質問すれば 答えが返ってくるのが当たり前か?なぜそんなふうに考える バカがっ!とんでもない誤解だ 世間というものは とどのつまり 肝心なことは何一つ答えたりしない 住専問題における大蔵省 銀行 薬害問題における厚生省 連中はなにか肝心なことに答えてきたか 答えちゃいないだろうが これは企業だから 省庁だからってことじゃなく 個人でもそうなのだ 大人は質問に答えたりしない それが基本だ お前たちはその基本をはきちがえているから 今朽ち果てて こんな船(ところ)にいるのだ 無論中には 答える大人もいる しかし それは答える側にとって都合のいい内容だからそうしているのであってそんなものを信用するってことはつまりのせられているってことだ なぜそれがわからない なぜ そのことに気づかない そりゃあかまわない おまえらの質問に答えること それ自体は容易い 簡単だ>しかし、今オレがそんな話を仮にしたとしてもその真偽はどうする? 真偽などどうでもいいから聞きたいとい言うのか?>おまえらにはオレの話の裏をとる術はないオレが何を語ろうと 結局ただそれを盲目的に信じるしか道はない つまり どんないい話を聞いても それは単なる気休めにしかすぎないってことだ


たとえどんなに不運、不幸、不ヅキに見舞われようと、俺は決して諦めない!ねじ伏せる!最悪の運命、境遇、ありとあらゆる障害、不平、不満、全てをねじ伏せ、俺は勝つ!

「焼かれながらも人は、そこに希望があれば付いてくる!」
うーん。真理ですなー。人は、逃げ道がある限り逃げ続ける。

「倍プッシュだ・・・!」


20151204
福本伸行作品の人生を変える熱い名言5選

30になろうと40になろうと奴らは言い続ける・・・ 自分の人生の本番はまだ先なんだと・・・! 「本当のオレ」を使っていないから 今はこの程度なのだと・・・ そう飽きず 言い続け 結局は老い・・・死ぬっ! その瞬間嫌でも気が付くだろう・・・ 今まで生きてきたすべてが 丸ごと「本物」だったことを・・・!

帝愛グループのNo2である利根川幸雄の名言です。

弱い人は常に自分に嘘をつき続けます。

「今日はたまたま体調が悪くて」

「今日は急に用事が出来てしまって」

「今は休んでるんだよ!まだ本気じゃない!」

全てを自分以外の他のことのせいにしてしまいます。そのことに死ぬ間際になって気づくのでしょうね。考えただけでもゾッとします。

あなたは自分に嘘をついていないでしょうか?

私は自分の怠惰な気持ちに負けそうになった時にこの言葉を思い出しています。


奇跡なんて望むな!「勝つ」ってことは…そんな神頼みなんかじゃなく…具体的な勝算の彼方にある…現実だ…!勝つべくして勝つ…!

人間って重大な決断になるほど思考停止して「奇跡」「神様」なんてものを信じてしまいます。普段は信じていないくせに…

現実は常にリアル。重要な局面こそ1%でも勝率をあげることを考えましょう。

変でいい、変でなきゃダメだ…狂ってなきゃ、逸脱してなきゃ悪魔は殺せない…!常軌を逸してこそ開かれる、勝ちへの道が…!

上達のコツは他人のマネをすること。しかしマネだけでは真似している相手に勝てないのである。自分より格上に勝つためには狂うしかないんです。狂って常軌を逸したその先にほんのかすかな光が見えてくるのです。

もう・・・漕ぎだそう・・・! いわゆる「まとも」から放たれた人生に・・・!

20151204
福本伸行作品の人生を変える熱い名言5選
TOP > 書評
TOP > 名言・格言
TOP > 書評 > 福本伸行作品の人生を変える熱い名言5選
スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

・超おすすめなおしゃれ筆箱21選


・ヨナナスで作る新食感スイーツがマジでやみつき!

自己啓発本を300冊以上読んだ私がおすすめする本14選

・5日間フルーツしか食べない生活をして起きた5つの変化

シェアする

0
0
Twitter
Google+
Pocket

私は男友達に「オススメの漫画ある?」と聞かれたら必ず福本伸行先生の作品をお勧めします。

女の子にはお勧めしません(笑)

カイジからどハマリして次に零を読み、そのあとは無頼伝涯を読みどっぷりと福本作品に浸かっていきました。

アカギにいたってはアカギを読みたいがためだけに麻雀のルールを覚えたぐらいです。 今日はそんな福本作品の中から特にシビレた5つの名言を紹介いたします。

博打黙示録カイジでの名言
30になろうと40になろうと奴らは言い続ける・・・ 自分の人生の本番はまだ先なんだと・・・! 「本当のオレ」を使っていないから 今はこの程度なのだと・・・ そう飽きず 言い続け 結局は老い・・・死ぬっ! その瞬間嫌でも気が付くだろう・・・ 今まで生きてきたすべてが 丸ごと「本物」だったことを・・・! 引用:人生を逆転する名言集
博打黙示録カイジより当時、帝愛グループのNo2である利根川幸雄の名言です。

弱い人は常に自分に嘘をつき続けます。

「今日はたまたま体調が悪くて」

「今日は急に用事が出来てしまって」

「今は休んでるんだよ!まだ本気じゃない!」

全てを自分以外の他のことのせいにしてしまいます。そのことに死ぬ間際になって気づくのでしょうね。考えただけでもゾッとします。

あなたは自分に嘘をついていないでしょうか?

私は自分の怠惰な気持ちに負けそうになった時にこの言葉を思い出しています。

奇跡なんて望むな!「勝つ」ってことは…そんな神頼みなんかじゃなく…具体的な勝算の彼方にある…現実だ…!勝つべくして勝つ…!
引用:賭博破戒録カイジ 7巻
人間って重大な決断になるほど思考停止して「奇跡」「神様」なんてものを信じてしまいます。普段は信じていないくせに…

現実は常にリアル。重要な局面こそ1%でも勝率をあげることを考えましょう。

変でいい、変でなきゃダメだ…狂ってなきゃ、逸脱してなきゃ悪魔は殺せない…!常軌を逸してこそ開かれる、勝ちへの道が…!
引用: 賭博黙示録カイジ 11巻
上達のコツは他人のマネをすること。しかしマネだけでは真似している相手に勝てないのである。自分より格上に勝つためには狂うしかないんです。狂って常軌を逸したその先にほんのかすかな光が見えてくるのです。



天 天和通りの快男児よりでの名言
もう・・・漕ぎだそう・・・! いわゆる「まとも」から放たれた人生に・・・! 引用:人生を逆転する名言集
赤木しげるが放った名言です。

福本作品を読んでいると「常識」とは一体何なんだ? という問いが必ず生まれてきます。

普通、一般、無難、常識、空気を読む・・・

こんな類の言葉に縛られた人生がいかに、ちっぽけで、しょうもないことか考えさせられます。

「成功」はなかなか曲者でよ・・・一筋縄じゃいかない代物・・・!最初の一つ二つはまぁいいんだが・・・10・20となるともう余計・・余分だ・・・!体を重くする贅肉のようなもの・・それを・・お前はいいやいいやで不用心で積み過ぎだ・・・!動けねぇだろ・・・?お前今・・動けねぇだろ・・・?満足に・・・!


成功、地位、名誉そんな輝かしい言葉も溜め込みすぎると自由を奪われていくんですね…人生何事もバランスということでしょうか…