二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

朝堂院大覚とオウム真理教の関係【自称フィクサー】


スポンサーリンク

中二病全開の芸名だな

CDショップで暴れるって小物臭のする大物フィクサーだなぁ。

しかも自称朝堂院って73にもなって厨二ネーム丸出しな大物フィクサー
映画なら名乗り上げた途端に撃ち殺されるタイプの雑魚ですがなw

総務:高市早苗(53)     日本会議(副会長)・神政連・地下原発議連・統一教会天理教の二股   
              ネオナチ団体「国家社会主義日本労働者党」の代表、山田一成と写真      

右翼はヤクザに弱い
ヤクザは警察に弱い
警察は政治家に弱い
政治家は企業に弱い
企業はジャーナリストに弱い

これで報復でもしたつもりになってるから
糞ジャップどもは笑えるよな

まとめて串刺しにされて死ね、ゴミども

ウィキペディアに乗ってる範囲の役職がこれ。
以下諸団体の総裁。
世界空手道団体連合
空手オリンピック国際委員会
世界格闘技団体連合

以下諸団体の名誉会長。
法曹政治連盟
全アジア政治連盟
医療政治連盟
日本議員連盟
日本経営者同友会
日本中小企業団体連合会

間違いなく権力者ですわ。日本って・・・

>>101
こんな肩書の奴がたかがCDショップのイベント乗り込んで騒いで逮捕とかウケるわ


朝堂院大覚こと、松浦良右は「大物」か?

日本テレビなどが、緒方重威公安調査庁元長官の朝鮮総連本部不動産の架空売買事件について、不動産会社社長(「三正」の満井忠男)が売却を持ちかけた人物として、「朝堂院大覚」のインタビューを報道した。朝堂院こと松浦良右を、多くのメディアが「フィクサー」と取り上げている。事件記者の間では「ナミレイ事件の松浦」と言えば知らぬものがいないほどの有名人で、一部の事件記事の「ネタ元」的な存在でもある。これまで二回しか会ったことが無く、また彼の情報で記事を書いたことは一度も無い。最近は、六本木交差点近くの「TSK.CCCビル」を舞台に所有権を争っていた。

神田錦町の法曹政治連盟(三正のビルにある)には、鎧兜や日本刀、書画骨董がズラリと並び、和服姿で「大物フィクサー」を演じていたが、贔屓目にも「滑稽な道化」にしか見えなかった。この時の様子は、98年8月に『週刊朝日』に以下の記事を書いた。

                                                                                                                                                              • -

「私のことを『黒幕』『フィクサー』『大物右翼』などと呼ぶ人間が多いのは、政治家でもヤクザでも右翼でも来る者は拒まずという姿勢だからでしょう。しかし、私は若い時から現在まで、一貫して運動家なんです」
和服に身を包み、鋭い視線でこう語るのは、世界空手道団体連合の朝堂院大覚総裁こと、松浦良右法曹政治連盟名誉会長である。 この人物こそ、ポップス界のスーパースター、マイケル・ジャクソン(三九)を来日させて「名誉五段」を授与、テーマパークやおもちゃ屋を全国展開する「マイケル・ジャクソン・ジャパン」(MJJ、資本金五億円)設立の「仕掛け人」なのだ。

松浦氏は、八二年に企業恐喝容疑で逮捕された後(執行猶予判決)、安全保障問題やパチンコ利権の撲滅などに取り組んできた。その一方、佐川急便事件や証券会社の利益供与事件などでも関与が噂された「大物」である。 どう考えても、マイケル・ジャクソンとはミスマッチな組み合わせだが・・。

「マイケルとは、渡辺美智雄の黒人差別発言をキッカケに作った『世界黒人会議』に、スティーピー・ワンダーなどに連なる人物がいたことから関係ができたのです。空手を世界的なスポーツに育てたいという我々の意志と、マイケルの子供の夢をかなえたいという気持ちが一致して、今回の企画が実現したわけです」(松浦氏)
MJJや出資企業には、松浦氏の息子や三塚博元大蔵大臣の長男、警視庁OBなどが役員となり、法曹政治連盟会員のヤメ検を含む大物弁護士が顧問に就任するなど、「松浦人脈」が名を連ねる。 しかし松浦氏は、「私自身は事業には一切関与しない」 と、強調。さらに、なぜマイケルの会見に同席した男の子が、松浦氏の事務所で遊んでいるのかと聞くと、
「あれは謎の少年じゃ」 と言うだけ。

ベールに包まれた日米の「大物」同士の共同事業は、はたして成功するのか。
(初出:『週刊朝日』1998年8月某日号)

                                                                                                                                                              • -

松浦の登場は、疑惑追及を「探偵ごっこ」にしかねない。テレビカメラの前で日本刀を振り回し「外資を叩き切る!」などと大見得を切っている人間が、大物フィクサーであるわけがない。

★松浦 良右(朝堂院大覚)は国際連盟(旧・国際宗教連盟)の
顧問として在籍しておりますね。
http://www.sagegroup.jp/komon.ma.htm
他、松浦 良右 オウムで検索するといくつかヒットしてきました。内容としては、朝堂院大覚が後ろ盾となった男に大塚万吉がいる。大塚は、オウム真理教上祐史浩幹部の相談役だった。それゆえ、朝堂院大覚がオウム真理教の一連の犯罪の背後にいたと言われる。との記載や、石原慎太郎後藤田正晴との親密な関係もうかがえる内容の文章も出てきまた。

(故)Michael Jackson に至っては、
(最高顧問 松浦良右氏を通して御協賛、御協力を頂いている) との記載有。
http://www.sagegroup.jp/usa.htm

ベンジャミンはと言うと、、
SAGE役員 古歩道ベンジャミン (ベンジャミン・フルフォード
http://www.sagegroup.jp/ha.htm

他、役員等

SAGE 役員 瀬戸 弘幸 
http://www.sagegroup.jp/sa.htm

★7.23RK御殿場講演会動画「「正しいニュースの読み方 2011.7月」を公開します。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201107/article_90.html
の 『未来の見えるテレビ』さんのコメントを転載。

この動画を見て、ある事件を思い出しました。と、その前におさらい。

佐々淳行の上司の後藤田正晴が、オウム真理教の広告宣伝を
請け負った朝堂院大覚から献金を受け、さらに、後藤田正晴
後援会会長の息子の石川公一オウム真理教の大幹部でした。

本題。動画を見て思い出した人物は、オウム真理教第6
サティアンのあった上九一色村への大がかりな家宅捜索の
全面指揮を執った警視正の寺尾正大です。寺尾正大は
上記の佐々淳行の秘書だったという人物です。編集される
前のウィキペディアにそう載っていました。要するに、
オウム真理教と癒着していた後藤田正晴の孫弟子にあたる
寺尾正大が、オウム真理教の施設への家宅捜査の全面指揮を
取ったっていうのは、コレ、完全に『インサイダー・ジョブ』で、
後藤田正晴サークルによる証拠隠滅』じゃないっすか?
で、この寺尾正大が担当した事件に、この動画に出てくる
事件に酷似している沖縄の『トリカブト保険金殺人事件』が
あるんだよね~。キー・ワードの『トリカブト』、
『保険金殺人』、ってところが同じだし。

さらに、寺尾正大が担当した事件に、あの有名なロス疑惑
あるのですが、ロス疑惑での疑惑の人物である三浦和義ですが、
三浦和義の叔母の水の江瀧子石原裕次郎を育てた日活の
プロデューサーだったことから、三浦和義石原裕次郎の兄である
893都知事の石原慎太郎は親友関係だったとか。でもって、
2007年に行われた東京都知事選挙石原慎太郎選挙対策本部長を
務めたのが、寺尾正大の直属の上司の佐々淳行。な~んか、
コレも、『インサイダー・ジョブ』じゃね?
ロス疑惑を担当した警察の寺尾正大と、ロス疑惑の疑惑の
人物である三浦和義が同じサークルの人間てさ。コレ、
完全に、寺尾正大と三浦和義はお仲間だよね~?

あ、佐々淳行父親佐々弘雄と、重信房子日本赤軍の女首領)の
父親の重信末夫が、四元義隆(黒幕)を通して、お仲間だった
可能性が高いのだから、この人脈は、もともと、こういうもの
(『インサイダー・ジョブ』まみれ)なのかもしれません。

あと、城内康光(警察庁長官)の側近の渡邊秀男のレイプ疑惑の
もみ消しにも、寺尾正大の名前が登場するんだよね。

寺尾正大って警視正は、仲間のもみ消し専門なんだろうね。

朝堂院大覚については、寸止めジャーナリストの大下英治
『最後の黒幕朝堂院大覚』に詳しく書いてあります。
大下英治のこの本によると、問題だらけで、どこのマスゴミオウム真理教の広告を載せることに否定していた中、
朝堂院大覚が、オウム真理教の広告宣伝を請け負い、フクニチ新聞やら内外タイムスに、オウム真理』の広告を載せるよう働きかけた、とのことだそうです。
また、同書によれば、朝堂院大覚は、ホモ曽根の子分で
ホモ曽根内閣の労働大臣の山口敏夫や、後○組のクミチョーともお友達だったそうです。
後○組のクミチョーは、創価学会の長年のパートナーであり、糸山英太郎のケツ持ちであり、筆頭右翼の野村秋介の相棒として有名です。この朝堂院大覚がこまめに献金していた相手が、ホモ曽根の腹心でホモ曽根政権の官房長官後藤田正晴です。
また、『噂の真相』と『週刊現代』によれば、後藤田正晴の後援会会長の息子の石川公一は、
オウム真理教の大幹部だそうです。
さらに、『週刊文春』によれば、後藤田正晴の義理の甥(要するに利権継承者)である後藤田正純は、
統一教会の下部団体であるUPF主催の文顕進の昼食会に、国会議員が数十人出席したとされているそうです。

既に上に書いた佐々淳行野村秋介について言及した文章と一緒にこの文章を読み返してみて下さい。きっと、点と点が線で一つになり、オウム事件北朝鮮の関係が立体的に見えてくると思いますよ。あと、野村秋介人脈に、10.1事件の瀬戸物さんを加えておいて下さい。
『未来の見えるテレビ』 2011/07/29 00:28

朝堂院大覚よりも、北朝鮮オウム事件を語る上では、
佐々淳行の祖父の佐々友房の闇人脈と、佐々淳行の実父の佐々弘雄の闇人脈と、佐々淳行の義父(妻の朝香幸子の父親)の朝香三郎の闇人脈の方が重要だと思います。
佐々淳行の祖父の佐々友房が創設した熊本国権党の2代目党首の安達謙蔵が、李氏朝鮮の王妃である閔妃の暗殺に関与した黒い朝鮮史

佐々弘雄が朝食会の前に所属した新人会という伝説の極左団体から、日本共産党の名誉議長の野坂参三日本共産党の委員長の佐野学、(ホモの)を目指す会のホモ村の古巣である
日中友好協会の会長を務めた黒田寿男、日本共産党の中央委員長から右翼活動家に転じた元祖転向右翼の田中清玄、フジテレビジョンの初代社長の水野成夫など、そうそうたる極左系の黒幕が排出(輩出ともいう)された黒い歴史。

この情報も上の文章に付け加えておいて下さい。
『未来の見えるテレビ』 2011/07/29 01:22


★フライデーの過去記事より~
―これが公党のやることか―
―『フライデー』H22.12.10より―

公明党幹部が、右翼の学会攻撃(街宣活動)抑えるために政財界のフィクサーに依頼
'93年3月初め、公明党の東京都議会議員団長の藤井富雄(現在86)と、元東京都副知事参議院議員(当時)の続訓弘(つづきくにひろ=現在80、元総務庁長官)が、政財界のフィクサーとして知られる朝堂院大覚(ちょうどういんだいかく)氏に対して、学会攻撃をする右翼の街宣活動を抑えるよう依頼した。

●今、右翼の街宣に手を焼いている。"税金ドロボー創価学会は解散せよ"とか、"国賊池田大作は日本から出て行け"と街宣車を連ねてがなり立てる。"ルノワールの絵画取引をめぐる疑惑で池田先生に5億円が渡っている"とか"女を囲っている"と、まるきりデタラメを言い散らし、実に迷惑だ。特に「大行社(たいこうしゃ)」と稲川会系の「優政会」が目に余る。総裁(朝堂院氏を指す)の手で彼らの街宣活動を抑えてもらえないだろうか(藤井富雄と続訓弘/『フライデー』H22.12.10)

                                            • -

彼らはほとほと困り抜いていたからこそ、わしに抑えを頼んだのだろう。藤井は、池田の意向なしで動ける人間じゃない。つまり、池田自身が困っているのだと、わしは踏んだ。当時、警視庁がルノワール疑惑で池田の事情聴取に踏み切るといった情報が流れ、池田は心底怯(おび)えていたのかもしれない(創価学会広報室は「指示を出した事実はない」と否定)(朝堂院大覚/『フライデー』H22.12.10)

②学会攻撃抑えるために5億円の支払を約束
朝堂院大覚氏は公明党側に対し、街宣活動を停止させるための資金として5億円を要求、藤井はこれを応諾した。
●「大行社も優政会も街宣は中止、都議選は立たず、となった。彼らにこれを納得させ、約束を守らせるのに5億円が必要だ。用意してくれ」(朝堂院大覚)と伝えた。これに藤井氏は「分かりました。その通り処理します」と答えたという。(『フライデー』H22.12.10)


★万人斬り様

佐々一族の安達謙蔵ですが、李氏朝鮮閔妃を暗殺した以外にも、内務省(戦前の警察組織は内務省の一部)の長たる内務大臣も務めていて、特高警察を強化しています。で、この事実を念頭に入れて、栗本慎一郎の主張を読み直すとおもしろい事実が浮かび上がってきます。栗本慎一郎によれば、「麻原彰晃(本名:松本智津夫)の祖父は熊本県出身の警官で、戦前に朝鮮半島に渡り、その地で警察署長を務めた後、終戦後、熊本に引き揚げた」そうです。熊本県朝鮮半島、警察人脈、水俣病。これ、要するに、佐々一族の安達謙蔵が麻原彰晃の祖父の上司だったってことじゃないですか?
あと、佐々淳行の爺さんにあたる佐々友房が創立した熊本県立済々黌高等学校の卒業生によど号グループのメンバー・テロリストである田中義三がいますけど、佐々淳行父親佐々弘雄と、日本赤軍の女首領である重信房子父親の重信末夫が、四元義隆を通して、本当に仲間だとしたら、田中義三の件も偶然ではないでしょうし、あさま山荘事件も調べなおす必要大ですね。よど号グループも重信の日本赤軍あさま山荘事件連合赤軍赤軍派の派生組織ですしね。後藤田正晴以上に、佐々淳行の実像には、大幅な修正が必要ですね。

例えば
幸福実現党の初代党首を務めた
あえば直道氏は
現在
米国共和党の全アジア担当日本代表
全共和党議長の顧問
と言う役職についている様です。
彼は
もともと創価学会であったと
某代議士現職副大臣より
私自身が情報提供を頂いているわけです。
ゆえに
自民党内における米国チルドレンの議員たちとは
結託しているという事でしょう。