読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

やはり江戸時代は貧しかった特集Part1


スポンサーリンク

江戸時代の低身長・胴長短足ぶりが異常なんだが何があったんだよ

短足だった 「南方説」当てはまらず 江戸時代さらに胴長

温暖な地域からやって来て脚が長いと想像されていた縄文人は、弥生人と同様に短足だったことが骨の分析で分かったと、国立科学博物館のチームが発表した。江戸時代の人は縄文人より胴長短足だったことも判明した。

 縄文人は、顔の形の研究などから南方の出身とする説が古くからある一方、謎も多い。同博物館の海部陽介・人類史研究グループ長は「体形から考えると、起源は南方よりも(寒冷な)北方とする説を支持する結果だ」と話している。

 チームは北海道や本州、四国、九州にある20の遺跡で出土した主に6000?3000年前の縄文人63人分の骨を計測。島根・山口両県と九州北部にある4遺跡から発掘された弥生人27人分を調べ、体形データを比べた。

 一般に、温暖な地域では胴に比べて手や脚が長く、寒冷な地域では短くなるとされる。

 縄文人は脚が長い熱帯型とは言えず、北東アジアを起源とする寒冷地型の弥生人と差がなかった。身長は弥生人の方が高いという特徴があった。

 東京都内で出土した94人分ある江戸時代の人骨のデータを調べると、縄文人弥生人より明らかに胴長短足だった。原因は不明だが、江戸時代の平均身長が低いことと関係がありそうだという。


もっと言えば「江戸の人」が小さかった

弥生人が高いのは渡来人(朝鮮人)のおかげか

町人文化で和算とか天文学が流行ってた。
4斤山砲とか問題なくパクリできただろw

日本刀は嘘や誇張で塗り固められたジャップクォリティーだった

美術品となった歴史の浅い新々刀の作り方を1000年変わらずと偽る
折り返し鍛錬による3万の層が → 二回以上は無意味
軟らかい心鉄と硬い皮鉄の二層構造が折れず曲がらず → 鍛延火造りの段階で炭素の交換が行われ無意味
日本刀の原材料「玉鋼」 → 古刀のほとんどが南蛮鉄・洋鉄で和鉄は糞扱いだった
軍刀は脆い → 軍の実験で玉鋼の新々刀は実用に不適な刀であり、機械化造刀(量産)した刀の方が優れていた

ソース
http://ohmura-study.net/001.html

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/16(日) 00:08:55.47 id:QdXSPcgb0
ジャップの歴史自体が嘘だらけだからな

日本的精神てのが加わるととたんにトンデモに移行しちゃうジャップ

全身が嘘で塗り固められた嘘製造機ジャップ

韓国の刀剣技術が遅れていた最大の原因は秀吉の刀狩にあった、

それまで日本ではマトモな刃物が作れず、韓国を侵略した秀吉は韓国刀の
切れ味に苦しんだ末、刀狩でそれを奪い始めた、

中には先祖伝来の刀を奪われまいと必死に抵抗する韓国人もいたが、
彼らは日本刀で韓国刀ごと真っ二つに切り殺されたという・・・

「サムライ」だとか「ニンジャ」と同じ。いや、ちょっと違うか。ある種信仰みたいなもん。

もともと

日本刀

と名づけたのは中国人だからな

78 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/16(日) 17:55:15.64 id:ZOmxBgwG0
でも中国に輸出してたぐらいからそれなりにレベルはあったんじゃないの?
箔つけるために誇張はしてるんだろうが

日本ってほんと嘘で塗り固められた国だよな
捏造とパクリしかできないジャップは恥知らずにもほどがある

103 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/17(月) 01:07:46.53 id:o2gLWi4I0
まあこんな所だと思ってた
我々クソザコ劣等民族ジャップが優れた物を生み出せるはずがない

嘘、捏造、偽装、パクり、もみ消しバレなきゃ何やってもいい陰で悪さするしか脳がない

104 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/17(月) 01:15:05.87 id:MJm8uNQK0
ジャップのものづくり(笑)

平安鎌倉の刀は反りがかっこいい

119 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/11/17(月) 08:50:30.02 id:RLaWibk00
日本人そのものが嘘や誇張で塗り固めた人種

・日本人は親切
・日本人は勤勉
・日本人は礼儀正しい
ぜんぶ大嘘
世間体や人の目を気にして同調圧力に負けてるだけで
裏ではそのストレス発散でいじめ、悪口、不倫、風俗通い、売春ツアーとかやりたい放題


文化遺産黒歴史

Posted on 2014-06-28,
Tagged: 情報統制, 偏見
富岡製糸場世界文化遺産だかになるということで、世間が浮かれている。 さぞかし、金儲けと、歪んだプライドを満たす材料になることなのだろう。

文化遺産」(歴史)なるものには、必ず、穢らわしい側面があるものだ。
富岡製糸場にしても、近代の殖産興業の一例だ。

殖産興業というのは、全国家的に、全体主義的に進められた、一種の「産業軍隊」だ。

今、「保守」を自称する明治主義者がはびこっていて、安倍氏を始めとする政治屋や、マスコミが、煽っている。 彼らは当然ながら、「女工哀史」や「蟹工船」のような滅私奉公状態を、称賛するなり、少なくとも黙認するだろう。

言い換えれば、富岡製糸場にしても、当時の多くの職場も、今で言うところの「ブラック企業」である。 そこには、収益を追求する拝金と、産業・経済の国家全体主義的な「成長戦略」があった。

このような、人命・人生よりも国家体制・社会構造・カネを優越させる尊厳破壊を、私は容認も黙認(「スルー」)もしえない。

世間は、日本近代黒歴史の「負の側面」(ダークサイド)を深刻視することなく、華々しい方ばかりを誇張している。 その方が、歪んだプライド(自己肯定感のない卑屈な性根)を満たしてくれ、売れるからなのだろう。 今の自民(自分)政治も、そうして釣り、それが国家体制的な「国益」に本気で利すると思っている確信犯(サイコパス)なのだろう。

富士山文化の黒歴史

世界文化遺産というと、富士山もそうだ。

もしも、自然遺産として認定されたのならば、文化でないからには、光も闇も、善悪もない。しかし、文化には、光も闇も、善悪も、ある。

富士山というのは、東国の象徴だ。 「富士山」という名も、東山→トウサン→藤山→富士山、というのが語源だ。 松竹の藤山寛美も、東山奈央も、富士山と共通する意味の氏だ。

ちなみに、藤原鎌足の、摂関家の、藤原氏も、東国が起原だから、藤原氏と称する。同義の氏に、「東原」も「東国原」もある。

遠山氏は、遠山の金さん(江戸南町奉行)で有名だ。でも、近山という氏はめったにいない。それは、「遠山」は「遠い山」ではなく「トウヤマ」(東山)だからだ。

富士山礼賛は江戸時代に確立された。それはつまり、徳川政権・江戸・東国を称賛する封建的権威主義の表れだ。もはや幕政による強制ではなく、むしろ庶民が進んで「踏み絵」をし、洗脳されている。 なにせ、当時の娯楽は、富士登山とお伊勢参りだ。いずれも、国家主義権威主義から来ている。

そんなわけで、明治になっても、将軍がいなくなって新政府にすり替わっただけで、江戸=東京が偉いという発想には変わりがない。富士山は日本の象徴とされ、小学校でも「富士は日本一の山」という洗脳ソングをやる(※日本一高いとは歌わない)。 江戸期以降のアナクロ「日本芸術」でも、富士山やその形象は定番だ。

こういうのは、コッソリ洗脳されていて当人たちには自覚すらない。恐ろしいファシズムなのだ。