読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

遺伝子組み換え食品 GM大豆と除草剤


スポンサーリンク

遺伝子組み換え食品』という言葉はよく聞かれると思いますが、その仕組みはご存知でしょうか?ここでは、遺伝子組み換え食品の代表格でもあるGM遺伝子組み換え)大豆とそれとセットで使われる除草剤について紹介します。

アメリカ・モンサント社ベトナム戦争で使用された枯葉剤を開発した会社)が開発した『ラウンドアップ』という除草剤があります。ラウンドアップの主成分であるグリホサートは、植物にとって必要な必須アミノ酸トリプトファンフェニルアラニンチロシン)を合成する酵素の働きを阻害します。これによって全ての植物は必須アミノ酸を作ることができず、枯れてしまいます。

GM大豆にはグリホサートに対して感受せず、必須アミノ酸を合成する酵素の遺伝子が組み込まれています。その遺伝子はアグロバクテリウムという細菌から取り出したもので、これにより、ラウンドアップが撒かれ、他の全ての植物が枯れてもGM大豆だけは枯れずに生き残るのです。

GM大豆の安全性については、数世代にわたるラットへの給餌試験により、その危険性が見出せなかったとする研究が多数あるようですが、本当でしょうか?むしろ怖いのはGM大豆に残留付着しているラウンドアップではないかと思います。ベトナム戦争で使用され、その影響で奇形児が多数産まれた『枯葉剤』を開発した会社が開発した除草剤です。今や、ホームセンターやネットでも購入でき、各家庭でも使えてしまうだけに非常に恐ろしい。。。