二ビル通信

えげつない問題を勝手気ままに取り上げるブログ


スポンサーリンク

究極のサバイバル!人は仙人になる!


スポンサーリンク

仙人,いや仙女になる! と決心して修行を続けている女性が横浜にいる.
彼女は,ブルースをピアノで弾き語る,ハマでは知る人ぞ知るプロの歌手だ.
私がクダクダ語るより,論より証拠,彼女からのメールを読んでみよう.
おはようございます。
あれから毎日びっくり炊きと生米の食べ方の練習を続けています。
生米は舌下錠のように舌の裏に入れるには30粒が限度のようです。
これを30分~1時間は噛まずに舌の裏に置いて、あとは気分で少しずつ
噛んで含んでいます。
びっくり炊きは出掛ける時に小さな御握りにして持って歩いて30~50粒
ずつ齧り取って、その数十粒だけで時間を掛けて食べます。
御握り1個で、なんと1日ハードに動き回ったのに体力が保ちました。
次の日も疲労していません。
こうして,びっくり炊きと生米を併用して少しずつ不食に近付けています。
1週間ほどで、今までの1食分位の量で1日過ごせるようになってきました。
最も変わったのは口腔です!
口腔の健康が劇的に変わった気がします。
今まで3年間ほど、何故か口の中がベタベタして不快で、録音の時も口の中
の音が入ってしまうので無意識に口を開けない癖が着いて困っていました。
当然口腔は不健康で、歯茎は紫色が増えて歯槽膿漏の口。
どんなに頑張って歯を綺麗にしても歯医者さんに通っても治らず、歳かなぁと
落ち込んでいたのでした。
それが、玄米の生米を口に含む練習を始めた翌日から急に変化が起きて、
日を増す毎に口腔の不具合が治って行き、驚いています。
口腔の健康を取り戻すと同時に日米語ともに発音しやすくなり、口唇と顎関節
周りの筋肉の動きがスムーズになり、発声がスムーズになり、歌い方が変わり、
説得力のある歌を歌えるようになってきました。
或る日突然歌い方が変わったので周りがびっくりしています。
話し方と話し声も変化したようで、街でバッタリ会った興行師さんに挨拶したら、
「みどりちゃん、ちょうどいいところに来た!」
と引っ張って行かれて秋のイベントに向けてスカウトされました。(笑)
挨拶回りの最中に現場に居合わせた初対面のお客さんたちも声に感動し、是非
応援したいと言って盛り上がってなかなか帰してくれず、なんだか良く分からない
人気が発生しています。

生米を噛まずに口に含む練習は、やはり毎日続けると少しずつ慣れるみたい
ですね。
今は1時間なら余裕、2時間だとちょっと読書でもしながら気を紛らすなどの工夫が
必要ですが、時間は確実に伸びています。
目標は最初に飯山先生に教えて戴いた4時間です。
そのうち仙人のように朝の生米30粒で1日ハードに運動しても足りるようになれる
でしょうか。
考えたんですが、今まで防災用品の備蓄のうち一番の悩みの種が食品でしたが、
生米数十粒で1日元気で居られる身体に変えておけば防災備蓄が劇的に減って
便利ですよね。
友達に玄米の効用を説明する際、飯山先生の名言、
「牛は草しか食べずに肉や乳を造れる」
を言うと非常に説得力があって、みんな訝しがらずに納得してくれて嬉しいです。
私も哺乳類本来の生命力を取り戻すのに牛を想定して毎日練習を続けています。
また変化が起きたら報告します。
珠玉の玄米を送ってくださって本当に有難うございました。
こんなに人生が変わってしまう予感って、生きて来た中で何度も無いことです。
もう諦めずに頑張れます。